yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

能・狂言

「夕顔」を超える味方玄師の存在感 ——— 能『半蔀 立花供養』in「第39回テアトル・ノウ京都公演@京都観世会館 10月6日

美しいチラシをアップさせていただく。 まず華道遠州宗家、芦田一寿氏による立花があった。舞台全面中央に設置された生け花に、芦田一寿氏が最後の仕上げを施された。「立花」が武道に通じることが伝わってきた瞬間だった。当日の演者は以下。 シテ [里の女…

薪能の醍醐味が味わえた林宗一郎師シテの『山姥』in 「雲母薪能」@修学院きらら山荘能舞台「豊響殿」10月4日

以下に当日のチラシの表・裏をお借りする。 薪能といえば大抵は神社、仏閣等の広大な場所に5百人かそれ以上の観客を擁してのものが多いけれど、このきらら山荘のものは、こじんまり小規模。どこかほんわかとした和やかな雰囲気が終始漂っている。 舞台は設…

片山九郎右衛門師の舞囃子「融」in 「第30回初秋の能 分林保・分林弘一追善能」@京都観世会館9月29日

お囃子、地謡方は以下の方々。 笛 森田保美 大鼓 河村 大 小鼓 吉阪一郎 太鼓 井上敬介 地謡 大江広祐 味方玄 古橋正邦 橋本忠樹 この日最初の演目がこの舞囃子だった。ちょうど一年前、味方玄師の能『融』を東本願寺能舞台で見て記事にしている。 www.yoshi…

「真如の月に出逢えた能『三井寺』 in 「京都観世会九月例会」@京都観世会館 9月22日

前場と後場との舞台は変わる。前場では清水寺、後場では三井寺になる。時期は8月15日の仲秋。狂女ものだけれど、『隅田川』などとは違い、狂女は息子を探し当てることができたハッピーエンドになっている。 片山九郎右衛門師のシテは穏やかだった。住僧の制…

浅井通昭師のシテの気品が匂い立った能『錦木』 in 「京都観世会九月例会」@京都観世会館 9月22日

この日のチラシの表裏をアップしておく。演者、解説が裏に載っている。 浅井通昭師がシテを務められる曲はこれが初めて。そういえば仕舞も見ていない。まずその佇まいの端正さにうたれた。舞い、所作の的確と気品高さに感動した。詞章が恐ろしいほどグイグイ…

茂山逸平、丸石やすし師の狂言『伯母ヶ酒』in 「片山定期能九月公演」@京都観世会館 9月21日

とても軽妙な狂言だった。甥を茂山逸平師、伯母を丸石やすし師が演じられた。 逸平師、やすし師の掛け合いがおかしい。 以下、立命館大学能学部のサイトから、あらすじをお借りする。 酒屋を営む伯母はしわいな人(けち)でありまだ甥に酒を振舞ったことがない…

片山九郎右衛門師の激しくも哀しい仕舞「鉄輪」 in 「片山定期能九月公演」@京都観世会館

仕舞はキリ部。地謡は橘保向、青木道喜、古橋正邦、河村和貴の各師。 夫に捨てられた女が、新妻と一緒の元夫の元に怨念となって現れ、陰陽師、安倍晴明があらかじめ用意しておいた身代わりの人形を責め苛むという内容のこの曲。その『鉄輪』の最も恐ろしいク…

10月の観劇予定

能はいくつか見る予定にしている。修学院きらら山荘での薪能、林宗一郎師の『山姥』を、京都観世会館での「テアトル能」では味方玄師の能『半蔀』と片山九郎右衛門師の仕舞「砧」を楽しみにしている。京都観世会館での「京都観世能」では梅若実師の『卒都婆…

河村浩太郎師シテの能『龍田』 in 「第三回林定期能」@京都観世会館9月14日

お若い河村浩太郎師がシテなので、面でお顔は見えないものの、どこか若々しさが漂っていてハイライト部の舞も軽やかだった。以下に「林定期能」からチラシの表裏をお借りする。 河村晴道師の解説にあったように、さすが禅竹、極めてビジュアル度の高い景色が…

河村和貴師シテ、河村梓姫さんツレの能『橋弁慶』in 「第三回林定期能」@京都観世会館 9月14日

五条大橋の上での弁慶と牛若丸との立廻りが軸になっている演目なので、そのダイナミズムは確かにあった。でも、河村和貴師とお嬢さんの梓姫さんとの親子競演ということで、和やかな雰囲気が漂っていた。和貴師がシテを演じられるのを初めて見たのだけれど、…

鵺の怒りが芸舞に昇華された林宗一郎師シテの能『鵺』in 「能楽にみる自然〜人を超えた「いのち」の世界〜」@大津市伝統芸能会館 9月7日

過激に力強く美しい。今までに見た『鵺』とは趣が異なっていた。林宗一郎師のサイトよりチラシを拝借する。 鵺という「異形」への畏敬と愛惜の念が謡いあげられ、舞い納められた。シテを演じられた林宗一郎師の切々とした想いが見ている者に迫ってくる、そん…

半能『賀茂』in「能楽チャリティ公演 ~被災地復興、京都からの祈り~」@ ロームシアター京都サウスホール8月29日 第二部

若手がうち揃った清新な舞台だった。「銕仙会」の能楽事典に、「夏も終わりが近づき、涼しい風が吹きはじめる頃。清く澄んだ御手洗川の流れは、暑い日ざしの中にあって、爽やかで涼しげな風情をたたえている。稔りの秋は、すぐそこまで近づいている…」という…

片山九郎右衛門師の能『善界 白頭』in「能楽チャリティ公演 ~被災地復興、京都からの祈り~」@ロームシアター京都サウスホール 8月29日第二部

片山九郎右衛門師のシテは、さすがの見応えだった。ワクワクした。 先月に湊川神社で見た『善界』には、実際のところかなり退屈してしまった。後場になって初めてワキが登場する演出が特徴の『善界』。意表をつかれるけれど、それによってサスペンスが増すと…

観世流能『平安』 in 「第70回平安神宮薪能公演 6月1日」NHK eテレ録画

大正天皇の即位式のために創られた『大典』を、故片山幽雪師が今の時代にあった『平安』に改作されたのだという。非常に美しい詞章で、しかもテーマが今の時代を生きる私たちとその平安を祈念、また寿ぐ内容になっている。 先に引用させていただいた日経デジ…

第70回平安神宮薪能公演 6月1日・2日、NHK eテレ録画

友人からとても良かったと伝え聞いた今年の「平安神宮薪能」、2年前に初めて参加した折、あまりにもの混雑と暑さだったので去年、今年は断念していた。録画をみて、かなり後悔している。 林宗一郎師のサイトにチラシの表裏がアップされていたので、お借りす…

なんともシュールだった忠三郎さんの狂言『成上り』@京都観世会館8月24日

壺齋散人さんの「日本語と日本文化 能について」というブログに、この演目の詳しい内容が載っている。リンクしておく。 以下が演者。 太郎冠者 茂山忠三郎 主人 山口耕道 すっぱ 丸石やすし 後見 増田浩紀 主人から預かった太刀を寝ている間にすっぱに抜き取…

橋本光史師シテの能『安達原 黒頭』in 「井上定期能」@京都観世会館 8月24日

前場からすでにドラマチック。糸車を繰る時の老女の穏やかさが、「閨を見るな!」と言い置く時には尋常ならない厳しさになる。この穏と激との対比を、橋本光史師はくっきりと際立たされて、秀逸だった。 後場は今までに見た『安達原』中、最もヴィジュアルだ…

勝部延和師シテの能『隅田川 彩色』@京都観世会館 8月24日

勝部延和師、地謡方に入っておられるのは2回拝見(拝聴)したのだけれど、シテとして演じられるのを見るのは初めて。勁い謡で、しかも聴いている者の心に響く繊細さが滲み出ていた。普通の観世流のものとはちょっと違うような気がした。後で井上裕久師のお…

世阿弥美学の顕現−—片山九郎右衛門師の舞囃子「井筒」 in 「TTR能プロジェクト企画公演 和魂VI 世代競演・時分の花」@湊川神社神能殿 7月28日

演者さんは以下の方々。シテも地謡もお囃子も当代トップの方々を取り揃えての贅沢な舞囃子だった。 シテ 片山九郎右衛門 地謡 河村晴道 味方玄 林本大 山田薫 笛 左鴻泰弘 小鼓 成田達志 大鼓 山本哲也 太鼓 前川光範 作者の世阿弥自ら「上花也」(『申楽談…

味方玄師の仕舞「玉の段」in「TTR能プロジェクト企画公演」@湊川神社神能殿 7月28日

大鼓方の山本哲也師と小鼓方の成田達志師お二人の企画になる「TTR公演」。昨年も参加している。今回の企画のテーマが「世代競演・時分の花」で、若手とベテランの三組の競演を魅せるというのが趣旨だったよう。ただ、やはりこのように組みで比較ということに…

九郎右衛門師の研ぎ澄まされた感性が光る『安達原』in 「面白能楽館 恐怖の館」@京都観世会館 7月27日

片山九郎右衛門師の舞台で感動しなかったことは一度もない。常にそのクオリティの高さとそしてそれを可能にする人格・品性の圧倒的高さに感動させられる。これ、決して大仰に言っているのではない。彼の舞台を一度でも見たことのある人なら、必ずや同意して…

恐ろしくあり楽しくもあり「面白能楽館 恐怖の館~のがすまじきぞ~」新企画@京都観世会館 7月27日

毎年この時期に開催されている「面白能楽館」。参加するのは初めてだったけれど、今まで知らなかったのが残念。主催能楽師の方々の能を広めたいという強い想いがひしひしと伝わる企画だった。さまざまな年代の観客を、飽きさせないでとことん楽しませる工夫…

彼岸との交流を希求された林宗一郎師シテの能『清経 恋之音取』 in 「十三世 林喜右衛門 玄松 三回忌 追善能」@京都観世会館 7月6日

いつもの宗一郎師の舞台とは一味違っていたような。それは平清経の人となりを表現するためだったのだろう。かなり大人しめというか、抑制をいっぱいに効かせた演技で、清経の自死を選ばざるを得なかった心持ちが伝わってきた。どう言ったらいいのか、「『Loo…

「世阿弥−−いま甦る幻の鹿島映画−−」上映会@湊川神社7月12日

結論からいうと、失望した。よく内容を確認しないまま参加した当方にも責任はあるとは思う。そもそも世阿弥の伝記映画と考えたのが間違い。あくまでも白洲正子さんの随筆をベースにした、「白洲正子の『世阿弥』」にしかすぎない。彼女のエッセイはかなり読…

吉田篤史師シテの能『鵜飼』in 「京都観世会六月例会」@京都観世会館6月23日

この日の公演は能3本、狂言1本という過密なものだった。11時に始まり、終わったのが5時前。例会は大抵このスケジュールで、演者の方々は疲労困憊されていることと思う。実力と華で日本一の能楽師の方々を擁する京都観世会。彼らの充実した舞台を見せていた…

河村晴久師=深草少将と味方團師=小町の息詰まるドラマ in 「京都観世会六月例会」@京都観世会館6月23日

この日の演者一覧は以下。 シテ(深草少将の怨霊)河村晴久 ツレ(里女・小町) 味方團 ワキ(旅僧) 江崎正左衛門 笛 左鴻康弘 小鼓 吉阪一郎 大鼓 河村大 後見 杉浦豊彦 吉浪壽晃 地謡 樹下千慧 大江広祐 深野貴彦 田茂井廣道 片山伸吾 河村博重 河村和重 …

浅見真州師シテの能『隅田川』の完成度の高さin「京都観世会六月例会」@京都観世会館6月23日

録画で見たパリ公演の浅見真州師シテ『砧』も素晴らしかったけれど、この『隅田川』も感動のあまり、我を忘れてしまうほどだった。完成度の高さでは類を見ないと思う。 それでいて、「どうだ!」という自己顕示欲を感じない。役に深く入り込み、同一化してい…

能『熊坂』と『朝長』、さらに『烏帽子折』の舞台となった美濃の青墓と赤坂

先日、大盗賊、熊坂長範が牛若丸に討たれるという内容の能『熊坂』を見たのだけれど、その舞台が美濃国赤坂宿であり、能『朝長』の舞台となった美濃国青墓とは非常に近く、車だと6、7分であることを知った。ソースは『日本芸能史2 古代—中世』(法政大学出…

橋本擴三郎師シテの能『熊坂 替之型』in 「井上定期能 六月公演」@京都観世会館6月15日

一昨年のちょうど6月にも橋本擴三郎師シテの能を見て記事にしている。 演目は『邯鄲』だった。 www.yoshiepen.net その舞台も良かったけれど、この日の『熊坂』も良かった。演者一覧は以下。 シテ(赤坂宿の僧・熊坂長範の霊)橋本擴三郎 ワキ(旅の僧) 岡…

絶句ものだった片山九郎右衛門師の舞囃子「邯鄲」in 「大倉流祖先祭」@大槻能楽堂 6月4日

舞台を縦横無尽に舞い回る動きが多く、力強くダイナミックな舞台だった。しかも、そのモーション一つ一つが勁かった。私の位置からは九郎右衛門師のつま先を上げた白足袋の裏が冴え冴えとよく見えた。すすっと前に出て、さっと回転、またすすっと進まれる。…