yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

アメリカ・イギリス・ヨーロッパ事情

ロンドンの公用語は英語のはず?

今日を入れてあと三日でロンドンともおさらば。最後まで気を抜かないようにしなければ。研究の方では思いがけず成果があった。ロンドン大学には感謝してもしきれない。こういうgenerosityは大英帝国由来の「遺産」なのかもしれない。その遺産は、文化資源の…

しかし、暑い!

日本も最高気温の記録が更新される地域があるのを、ネットニュースで知った。水害の上に高温だと、避難している方たちは弱り目に祟り目。さぞ大変だろうと、気がもめる。 ロンドンもここ数日は異常気象の影響をもろに受けている。連日31−32度。例年だと暑く…

ロンドンもあと1週間

資料収集はなんとか目処がつきかけているので、もう帰国でもいいのだけれど。整理の期間が与えられたと考えて、目一杯利用するつもりにしています。 能に関しては、ここにあるものはかなり集めることができた。英語で書かれたもので本当に参考になるのは5、…

どこへ行ってもフランス人だらけのロンドン

どこへ行っても混雑マックスのロンドン。ここしばらくはスポーツ・バーやパブがいつも以上にうるさかった。理由はW杯を店内、路上、ところかまわずの観戦していたため。大学近くのラッセル・スクエアでは13日、スクリーンを設置しての観戦。イングランドとベ…

夜の火災警報にびっくり

夜9時過ぎ、部屋でまったりしていたら、耳をつんざくサイレンの音。火災警報でした。こうなると着の身着のままで外に出なくてはなりません。就寝用の部屋着を着ていたので上にトレーナーを羽織って、建物の外に出ました。すでに多くの人が通りの向こうにい…

ロンドンでは日本のビジネスに勝機がある?

滞在しているロンドン大学のインターナショナル・ホール、キッチンはついているけれど、日本の20年前の(もっと前?)の設備。IHヒーターと思ったら、ただの電熱コンロ。電子レンジも大雑把で微妙な調節ができない。トイレはもちろんシャワレットなし。引き…

ロンドン滞在期間残り半分、成果はあったか?

短かったような長かったような前半分。土日もロンドン大SOASライブラリー通い。日に6〜7時間程度、図書館に詰めている。ずっとではなく、宿泊先に間で一度帰っている。徒歩で7分というのがありがたい。夏休みの間、図書館は週日が9時〜9時、土日が10:30〜9時…

ロンドンの物価は異常!

昨日、ロンドン大学に(サバティカルで?)来ておられる日本の大学の先生から彼女が宿泊している語学学校の宿泊費を聞いて、腰を抜かしてしまった。なんと一泊120ポンド!1ポンド150円で計算してみてください。これで2ヶ月滞在してもディスカウントはない…

民族大移動と朝ごはん

一昨日、私が今いるこのロンドン大学のインターナショナル・ホールに滞在していた(サマースクールのコースを取っていた)チャイニーズの大量集団がいなくなりました。ガーベッジはゴミの山。廊下にもゴミが。そして昨日からまた新しい集団が。今回はチャイ…

ついていない一日

一昨日から膀胱炎を発症。持参した抗生剤は今日でなくなってしまうので、困りました。ネット検索をかけるとロンドン在住の方たちがアップされた情報が。ドラッグストアのBootsで市販薬を買われたり、あるはGP(日本で言うところの掛かりつけの医者)に連絡、そ…

トラック・フードのベンダーがSOAS図書館前に出ていた

フィラデルフィアにいるときは、大学周りにはトラック・フードの店がいっぱい出て、昼食には(時としては夕食も)困りませんでした。当時で、一皿4−5ドル程度。貧乏院生には心強い味方でした。そういえば、職を得て舞い戻った2006年からの一年間も随分とお…

手洗いするハメに

汚れ物がたまってきたので、滞在している International Hall 地下にあるランドリーにGO!。洗濯機が6台、乾燥機も6台なので数はまあまあ。別室にはアイロン台が。しかし汚い!洗濯機3台の中にはまだ衣料が入ったまま。乾燥機も同じく2台に乾燥を終えたズ…

花粉症発症(涙)でBootsへ

どうも目がかゆい。イライラと落ち着かないので、図書館を抜けてブランズウィック・モールにある「Boots」というドラッグストアへ。目薬と飲み薬を処方してもらいました。ついでに腰痛用の痛み止めも。目薬、少しは効果があったようです。昨朝、散歩の折に樹…

ロンドン生活——日常に戻った?——

こちらへ来てから一週間経ちました。そろそろ日本食が恋しくなってきています。一日一食、この宿の朝食のみにしようというのはそろそろ怪しくなってきているのが情けない。昨日は持ってきたミニ炊飯器でタイ米を炊いたけれど、やっぱりショートグレインのも…

暑い部屋とはおさらば!

午後に1階の部屋に移ってきた。あの暑さが嘘のように涼しい。移動に1時間かかってしまった。これだと部屋にいることが長くなりそうでやばいかも。でも、部屋が面した中庭で子供を遊ばせる人がいて、結構やかましいので、やっぱり図書館に行くことになりそう…

暑い!

宿泊中のロンドン大学のInternational Hall、外はわりと涼しいのに、部屋の中が暑い。外気温が22度だそうだけど、中は30度近くある? 最上階、といっても5階、屋根の熱さがそのまま部屋に伝わっている。そういえばアメリカの院生時代、2年目に住んだ築90年の…

ヒースロー空港の入管の待ち時間は酷かった!

飛行機は午前7時にヒースロー着。ジャンボ機の上、座席が最後列の塊にあったので出るのが遅れた。イミグレーションではすでにものすごい行列が!覚悟はしたのだけれど、それ以上に酷かった。なんと1時間50分かかってしまった。係員も嫌気がさしていたのか、…

スワンナプーム国際空港にて

現在夜の11時すぎ。ロンドンに行くのに今回は初めてのタイ航空を使った。トランジットの空港がこのスワンナプーム国際空港。2006年にできた新しい空港らしい。待ち時間が4時間もあるので、ラウンジに。軽食、アルコール類、ソフトドリンクと取り揃えてある…

ヒースロー空港にて

チケットを確保したのが3週間前。ちょうど旅行シーズンに当たってしまったため、BAのダイレクト便は25万円なんてべらぼうな値段。欧米系も同じ。仕方なく、キャセイにした。キャセイは返還前にイギリスに行くのと香港観光で2回使っているけれど、その頃とは…

Katsura Sunshine 桂三輝さんの落語公演in London

地下鉄ピカデリー線の長〜いエスカレーターに公演の宣伝ポスターが何枚も貼ってあり、気になった。調べたところ、9月30日、10月1日の公演はすでに終わっていたけど、10月中は何度も高座があるよう。HPサイトをリンクしておく。公演写真はこんな感じ。9月に…

JALのサービスは世界一

ロンドンから成田までのBAとJAL、共同運行の直行便だったので、たった(!)12時間弱で日本に帰着できた。午前10時前と理想的。元々予約していた成田発のJAL便が午後5時発になっていたので、無理をいって羽田発の便に変更してもらった。お手数をおかけしてし…

このあとヒースローから帰国

現在午前6時。フライトは12時50分なので、けっこうゆっくりできる。ホテルをパディントンにしておいてよかった。ロンドンの地下鉄は階段だらけなので、スーツケースを持って乗降するのは大変。このままスーツケースを引っ張って行って(それも5分程度)、パ…

決断しなくては

今日、思い立ってロンドン大学のG教授に会ってきた。七年前にペンシルベニア大学で開催された「名取春仙」のシンポジウムでスピーカーをして以来。先生は春画について、私は上方歌舞伎について話をしたのだが、彼はそのまま研究を続けられ、私はといえば関心…

観劇は不発

日曜日、劇場は公演がないところが多い。ようやくマチネがある劇場を発見。Duchess Theatre。演目はコメディでTHE PLAY THAT GOES WRONGというもの。どんなのか見当もつかないけど、選択の余地がないので出かけた。初めての劇場。地下鉄のコヴェントガーデン…

ロンドンは人種のるつぼ

以前にも感じたけれど、NYなみに、あるいはそれ以上にロンドンはいろいろな人種が混在している。いわゆる「白人」が少ない。黒人、中東系、インド系、そしてアジア系のごった煮。中東系が多い。今回のテロと合わせて考えるとなにか不思議な感じ。パリも似た…

ロンドン、ホテル着

羽田からの直行便はとても快適で、さすがJALと感心してしまった。食事もエコノミーの中では今までの最高。BAとの提携便だけど、日本人客がほとんど。なんとイギリス人男性のアテンダントも流暢な日本語をしゃべる。「習った日本語」だから、とても丁寧。いま…

出発

明日9時30分に伊丹を出て、1時間で羽田。それから1時間弱の待ち時間で羽田からヒースローまで直行便。今までヨーロッパ行きに使った便の中では、最短時間で目的地に着く。しかも現地時刻午後3時に到着という理想的な行程。羽田というのがミソなんですね。ホ…

ロンドンまで直行便に

11月20日のロンドンでの発表が終わったあとで、パリに移動してバレエをみようかと考えたのだけど、20日と29日に『ラ・バヤデール』があるのみ。日程的にいずれも不可能なので、ずっとロンドンに滞在することにした。オペラ、バレエともにこの日程でいくつか…

フィラデルフィア近郊のアムトラック事故

12日のことだった。ニュースで見て、ぞっとした。以下の記事。 事故が起きたのは、フィラデルフィア郊外の『30th Street』駅から北へ数マイル先の左急カーブ。国家安全運輸委員会(NTSB)による運転記録装置の解析調査によれば、事故列車は制限速度50マイル…

伊藤隆敏教授・コロンビア白熱教室@テレビ東京「モーニング・サテライト」2月16日

今朝久しぶりに「モーニング・サテライト」をみたら、ちょうどこのシーンが映っていた。東京大学大学院教授の伊藤隆敏氏が職を辞し、この1月からコロンビア大学でアジア経済や金融政策を教えておられるとの由。伊藤教授といえば、安倍晋三首相の重要な経済ア…