yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

リセッション(恐慌)は来るか?ダン高橋さんの分析は?

昨日(2日)のダン高橋さんのYouTube動画を先ほど見たのだけれど、その精緻な分析に脱帽だった。今後の世界経済に関心がある方に(ない方にも)ぜひおすすめしたい。 「アメリカ第二四半期(4月〜6月)のGDPがマイナス32.9%で過去最悪」というニュースを受…

「集杉会春季大会 杉浦元三郎七回忌追善」@京都観世会館 7月28日

元は4月29日開催予定だった公演の延期公演。このところ立て続けに延期された社中会と正規公演が公開されているけれど、これもその一環である。 社中会は、できうる限りすべて見ようと決意している。というのも、コロナの影響で京都観世会例会、片山定期能は…

「喜謡会 合同大会」(観世喜正師社中会)@京都観世会館 7月23日

東京の「観世流九皐会」を主催される観世喜正師の社中会。東京他の社中のお弟子さんたちが集結した会である。私は九皐会のホームグランドである矢来能楽堂にも行ったことがないので、興味津々で出かけた。以下に「九皐会」の解説をWikiから借用させていただ…

三浦春馬さんには『Toxic Parents』(「毒親」Bantam Books,1989/8/1)を読んで欲しかった!

彼の訃報を聞いたとき、心に引っかかるものがあった。その理由が家族、とくに母親との関係にあるのではないかと直感した。今日電車の車中で、それを思わせるネット記事を読み、その可能性があることを知った。もちろん春馬さんご本人は亡くなっているので、…

味方玄師の『胡蝶』が魅惑的だった!in 「片山定期能7月公演」@京都観世会館 7月19日

以下が当日の演者一覧と概要。 前シテ 里女 味方玄 後シテ 胡蝶の精 味方玄 ワキ 旅僧 福王知登 ワキツレ 従僧 中村宣成 ワキツレ 従僧 是川正彦 アイ 一条辺りの者 網谷正美 笛 杉信太朗 小鼓 曽和鼓堂 大鼓 谷口正壽 太鼓 前川光範 後見 小林慶三 片山伸吾…

来月(8月)の観劇予定

うれしいことに、京都観世会館での能公演が多くなっている。過去に中止、休止になった公演の「復活」公演である。今日は「片山定期能」の代替公演をみてきた。すばらしかった!後の記事にするつもりである。 ただ、京都観世会例会は申込者の抽選となっていて…

三浦春馬さんの訃報は、本当につらい

衝撃だった。まだ30歳ですよ! この方を見たのはたった一度、『ゲキ×シネ』連作の一つ、『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』中で、これは2013年の「劇団☆新感線」舞台のシネマ版(@東劇2015年12月26日)だった。他の「有名」役者を圧倒して、三浦春馬さんの…

三度めの歌舞伎版『東海道中膝栗毛』シネマ歌舞伎 @神戸国際松竹 7月11日

「奇想天外!お伊勢参りなのにラスベガス!?」が副題のこの作品、2016年8月に歌舞伎座で観て以来、すっかりファンになった。CM写真が以下。それにしてもたった4年前なのに、幸四郎、猿之助共に若い! シネマ歌舞伎になったのも観ている。その歌舞伎座公演の…

『さまよえるオランダ人』METライブビューイング@神戸国際松竹 7月13日

久しぶりのMETライブビューイング。つい先週の『アグリッピーナ』を見逃しているので、これはなんとしても見たかった。MET公演も無期限?中止を余儀なくされているようで、これは本来予定されていた3月14日のものでなく3月10日収録分だとか。 8月以降、日本…

羽生結弦選手の『春よ、来い』と『花は咲く』が甦って来た!

自衛隊歌姫 鶫真衣さんの歌を聴いていると、胸にこみ上げてくるものがあった。羽生選手が舞われた『春よ、来い』と『花は咲く』が甦って来た。YouTubeにアップされている『春よ、来い』動画を(いつまでかわからないけれど)リンクしておく。 羽生結弦 GP He…