yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

くらし・ビジネス・旅行

日経平均3万円超え

日経平均株価、今日は3万円を少し割ってしまったけれど、アップトレンドは続くと思う。 日経平均株価が3万8915円の史上最高値を記録したのが平成元年。それ以降は上がったり下がったりを繰り返しつつも、基本形はダウントレンドだった。30余年にわたる「平…

「筋トレ」が日課に

ジムへ通うのは絶対に続かない自信?があった。それでも3ヶ月前に筋力が衰えているのに、さらに体重も増えていることに愕然とした。何とかしなくてはと焦り始めた。ジムにも登録しようかと考えて、近場をチェックしたりした。 ちょうどその頃、YouTubeでな…

新年の神社参拝

年の初めにあたり、日頃から祈念の想いを託している神社二社に参拝してきた。いずれも近場。 元旦は伊勢神宮末社の皇太神社に参拝。皇太神社についてのWiki 解説は以下。 皇太神社は兵庫県宝塚市にある神社である。皇大神社同様、伊勢神宮を総本社とする。表…

来月の観劇予定

2021年の新年を迎えるにあたり、今までの年初めとはちがった感慨を持つ。もちろんこの原因は一年あまりにわたるコロナ禍。一体いつ終焉するのか、混沌とした中で観劇どころではないのかもしれない。でも実際の舞台を見ることで、人の免疫力は確実に上がる。…

西国三十三所巡りを始めた

巡礼というと四国の遍路八十八霊場巡りが有名であるが、こういうことにまったく疎かったのが5年前までの私である。その頃、ペンシルベニア大時代の指導教授の一人、訪日中のC先生と茨木市民センターで能を観た折に「同行二人」という語を知った。彼女のお連…

11月の観劇予定

劇場公演、まだまだ入場制限がイキの状態で、延期、中止もそのままになっていることが多い。 能はその中でも最も厳しい制限をかけてきたし、やや緩めたもののそれを継続中である。京都観世会はその最たるもので抽選によっている。11月例会は1、2部に分けら…

「敬宮愛子さまの立太子」祈願に伊勢神宮へ参拝

自宅近くの阪急今津線の駅から阪急梅田、そして地下鉄御堂筋線でなんば、最後は近鉄難波から宇治山田駅という経路。伊勢市に入ってからは、外宮、内宮へとバス移動。思ったより時間は短かくてすんだ。帰りは五十鈴川駅から地下鉄なんば経由で帰宅した。自宅…

Twitter デモ「#立皇嗣の礼反対」に対し紀子婢がTwitter社に圧力?

宮内庁関係者からの情報とされるその一部をスクショにさせていただいた。 さすが北の出自。金正恩にやることがかぶります。 木曜日まで午後8時に一斉にという約束での今回のTwitter デモ、向こうがそう出るなら、こちらも戦略を変えた方がいいかもしれない。…

「教養としての投資教育」が今こそ必要では?

コロナ禍を機に投資に関心をもつ若い人が増えたというけれど、先日読んだ記事では「若い人の投資先トップ」が定期預金だった。定期預金は貯蓄でしょう?定期といえど、金利はつかないも同然。開いた口が塞がらなかった。 投資教育が全くなされていないことが…

リセッション(恐慌)は来るか?ダン高橋さんの分析は?

昨日(2日)のダン高橋さんのYouTube動画を先ほど見たのだけれど、その精緻な分析に脱帽だった。今後の世界経済に関心がある方に(ない方にも)ぜひおすすめしたい。 「アメリカ第二四半期(4月〜6月)のGDPがマイナス32.9%で過去最悪」というニュースを受…

三浦春馬さんには『Toxic Parents』(「毒親」Bantam Books,1989/8/1)を読んで欲しかった!

彼の訃報を聞いたとき、心に引っかかるものがあった。その理由が家族、とくに母親との関係にあるのではないかと直感した。今日電車の車中で、それを思わせるネット記事を読み、その可能性があることを知った。もちろん春馬さんご本人は亡くなっているので、…

来月(8月)の観劇予定

うれしいことに、京都観世会館での能公演が多くなっている。過去に中止、休止になった公演の「復活」公演である。今日は「片山定期能」の代替公演をみてきた。すばらしかった!後の記事にするつもりである。 ただ、京都観世会例会は申込者の抽選となっていて…

『最新調査でわかった日本の古代史 変わる歴史の定説』(宝島社、2019)で明らかにされた「万世一系」論の破綻

古代史は実に面白い、そして奥深い!この書は手引書の類だけれど、非常によくまとまっていた。駒澤大学の瀧音能之教授監修によるもので、古代史研究の新しい動向が、ざっとおさらいされている。 冒頭が「新元号『令和』の由来『梅花の宴』の地を探る」という…

「香港の金融センターを日本に」!(by 高橋ダンさん)

香港で「香港国家安全維持法」(国安法)が可決された。中国が香港に対して新しい国家安全法を導入したのだ。BBCの記事は以下。 弁護士や法律の専門家たちは、中国による「香港国家安全維持法」(国安法)は香港の法制度を根本的に変えるだろうと指摘してい…

尾上右近さんの心意気−−「京都観世会会報」への寄稿が素敵だった件

歌舞伎で「右近」というと、市川右近、尾上右近と二人だったのだけれど、市川右近が2016年5月に市川右團次を襲名してからは、右近といえば尾上右近のみとなった。この方、かなり前から私は注目していて、当ブログにも何回か挙げている。ご興味のある方は「…

印南敦史氏の『女帝 小池百合子』への書評:「小池百合子の強烈な自己顕示欲と上昇志向の背後に何があるのかを推察した書」との高評価(FINDERS 2020/06/22)を都民は読むべき!

この印南敦史氏書評のタイトルは「『彼女はよくやっているよ』と人は言う。しかし本書(『女帝 小池百合子』) は「本当に?」。 finders.me 小池百合子氏の過剰なまでの承認要求の強さは、現在彼女が頻繁に行っている内容スカスカの「会見」と、それをカバー…

小野たいすけさんを東京都知事に!−−赤いキツネが緑のタヌキを倒す!タヌキが一節「♫厚い化粧に憂いを隠し もう私は姥ザクラ 出る幕ないわ」

もう年寄りは不要ですよ、都民の皆さん!今回のコロナで国会議員たちがIT にいかに疎いかはバレバレになってしまったけれど、それに輪をかけての酷さが小池さんだった。そんな老害をトップに抱いていれば、世界標準になりつつある持続可能な都市 (Sustainabl…

久しぶりの墓参りで京都へ—海外からの観光客激減で快適!

3月のお彼岸に行けなかったので、一昨日東山五条にある西大谷霊廟にお参りしてきた。ここには祖父が眠っている。元々は滋賀県の人で、その後京都に出たらしい。その親族はほとんどが京都在住のようである。といえ付き合いは途絶えている。水島某という親類が…

「緑のたぬき」こと小池百合子氏のインチキぶり—都知事になってからの公約はほぼ未実現

この人の都知事になってからの三年半を振り返ってみると「緑の党」の結党、豊洲移転問題での不要なゴタゴタ、オリンピック施設等で税金の垂れ流し。コロナ対策も横文字で煙に巻いて成り行き管理等、何一つ成果を挙げていないのに、呆れ返る。それを検証した…

折口信夫の呼びかけ「神道の友人よ」in 『折口信夫 天皇論集』(安藤礼二編、講談社文芸文庫、2011)

これが載ったのが昭和22年1月6日発行の『神社新報』だった。敗戦直後、改政治と神道との関係を見直さざるをえない境地に立った折口の苦渋に満ちた弁である。 極めて直截的で、だからこそ勢いがある。ひたむきな想いが直に伝わってくる。 神道は宗教ではある…

7月観劇予定

能観劇、7月も能公演は中止・延期になっているところが多い。とはいえ、京都観世会の例会公演は復活しつつある。ただ、観客数の制限のため、抽選になっている。果たして当たるのかどうか、未だやきもきしている最中である。 「片山定期能」も整理券が必要と…

「男系男子」に固執する日本会議と神社本庁の結託はなぜ起きたか?

近くの図書館がやっと「予約本のみ貸し出し可」となった先月末、「神社本庁」と「日本会議」との関係を知りたくて、本を何冊か借り出した。 『日本会議の人脈』(三才ブックス、2016年9月)はこの会議の主要メンバーとそれぞれの人物の簡単なバックグラウン…

経済音痴全開パフォーマンスに明け暮れる小池百合子都知事のへの批判が噴出—国の基準より厳しい東京ロード・マップってどうよ?

吉村大阪府知事の後塵を拝してしまった口惜しさと、国への対抗心丸出しの「東京ロード・マップ」なるもの、小池百合子氏がおよそ科学的判断ができない上に、ITにも疎い人だとバレバレ。しかも経済再開の政治判断ができない、あるいはオリンピック来年開催の…

アフター・コロナの時代、日本はどうなるのか?若い人たちへの指針があるのか? 教育は今のままで大丈夫か?

非常に重い課題である。かなり悲観的な展望しか描けないのは、私だけだろうか?より楽観的なマップを描くには、どうすればいいのか? あのリーマン・ショックを超える大打撃をもたらした今回の新型コロナ禍、日本が生き残るのには、「現状打破」、もしくは、…

6月の観劇予定

演劇公演は非常に厳しい状況が続いている。 能の公演はほとんどが中止か延期になっている。7日の林定期能は延期(期日は未定)。14日の「復曲試演の会」は来年2月に延期。27日の「若手能京都公演」は中止に。しかし、今のところ、28日の「京都観世会6月例会…

西村経済再生担当大臣、あなたには資格がない。その地位を降りなさい!

ネット記事を読んで、呆れ返ったと同時に、強い怒りが湧いてきた。その記事が、 「西村大臣「何か勘違いをされている」 吉村知事の“大阪モデル”公表の経緯に反論」。 この人、どこまでも「官僚上がりの無能、実行力なし。それでいて傲慢。 これまでの自分た…

吉村知事が示した大阪モデル、何より大阪城や通天閣、万博公園などのライトアップで危険度を「みえる化」する「演出」が素晴らしい!

昨日示された吉村大阪府知事の「大阪モデル」、具体的数値を一切示さなかった国のトップの無策と比べ、絶賛の嵐である。以下、スポニチの電子版から。 大阪府は5日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、特措法に基づく外出自粛要請や休業要請を段階的…

明々赫々、ユーモアのセンス抜群の河野太郎防衛相のライブ配信—自民の爺さんたちの密室会議はもうゴメン

【河野太郎のLIVE配信】河野太郎と生放送」としてずっと配信しておられる。一週間前の最新版をリンクしておく。 www.youtube.com 質問も事前に受け付けていて、それに対する答えを河野大臣が即答する方式。数ヶ月か前に気づいて登録、何回かお邪魔した。反応…

「敬宮さまを旧宮家の男子と結婚させる?」安倍一味・男系男子派(日本会議)の世迷言に呆れる

産経新聞の15日付の記事、「皇位継承で『旧宮家復帰』聴取 政府が有識者ヒアリング」の中で、最も許せない提案が「旧宮家の未婚の男子が内親王と結婚」というもの。「国民無視で、勝手にヒアリングの議題にするな!と叫びたい。「アタマ、沸いてんじゃないの…

別の視点から−−「緊急事態宣言」解除はいつ?

「緊急事態宣言、5月末まで延長」と産経デジタルニュースが報じている。「人と人の接触制限の要請を継続する一方、基本的対処方針を改定し、感染が抑制されている地域では外出自粛や施設使用制限の一部を緩和し、社会経済活動を部分的に容認する方針を打ち出…