yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

くらし・ビジネス・旅行

小室某の「論文」を褒める記事のいかがわしさ—曰く「小室圭さんを批判できる人などいない 皇室へ「あるべき論」を押し付ける権利はない」ですって!

この小室上げ記事を書いたのは、「コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員 」の尾藤克之なる御仁。 私は以前の記事に小室論文がいかに陳腐かと、学術論文とは到底言えない駄文と論じた。 www.yoshiepen.net 途中で読むのを放棄しようと…

11月の観劇予定

劇場公演、まだまだ入場制限がイキの状態で、延期、中止もそのままになっていることが多い。 能はその中でも最も厳しい制限をかけてきたし、やや緩めたもののそれを継続中である。京都観世会はその最たるもので抽選によっている。11月例会は1、2部に分けら…

「敬宮愛子さまの立太子」祈願に伊勢神宮へ参拝

自宅近くの阪急今津線の駅から阪急梅田、そして地下鉄御堂筋線でなんば、最後は近鉄難波から宇治山田駅という経路。伊勢市に入ってからは、外宮、内宮へとバス移動。思ったより時間は短かくてすんだ。帰りは五十鈴川駅から地下鉄なんば経由で帰宅した。自宅…

スキマ時間に官邸、宮内庁への「e-Gov」と、ツイッターするのが新たな日課になりそう

以下の件名を組み合わせるつもりです。もっとあるのですが、とりあえず喫緊の秋篠宮関連のものを列挙しました。 ① 立皇嗣の礼中止 ② 愛子さまの立太子を ③ 秋篠宮家の女性宮家創設に反対 ④ 秋篠宮家長男の裏口入学をやめさせよう ⑤ 秋篠宮のDNA鑑定を ⑥ 上皇…

Twitter デモ「#立皇嗣の礼反対」に対し紀子婢がTwitter社に圧力?

宮内庁関係者からの情報とされるその一部をスクショにさせていただいた。 さすが北の出自。金正恩にやることがかぶります。 木曜日まで午後8時に一斉にという約束での今回のTwitter デモ、向こうがそう出るなら、こちらも戦略を変えた方がいいかもしれない。…

こういうズルが皇室特権で許されていいのか?「悠仁さまの進学先 農大一高が浮上も紀子さま本命は筑附か」10/2 NEWS ポストセブン via Yahoo

読むと吐き気を催すので、最初のページの一部のみ引用掲載する。 悠仁さまの成績は『週刊朝日』(2019年5月31日号)によると「学年でもトップクラス」だという。それもあってか、「東大進学」が紀子さまの悲願だといわれてきた。 「中学入学前、紀子さまと悠…

明日午後8時にツイッターデモを! 「#立皇嗣の礼に反対します」で

ガルちゃんにあがっていた提案。 明日午後8時に一斉にツイッターデモをかけるという提案。ハッシュタグを付けておくと拡散されるので、さらに有効である。そもそもは「#検察庁法改正案に抗議します」というtweetが5月初めにtwitterで公開され、それが広がっ…

謝礼稼ぎのエセ「公務」はやめましょう!−−秋篠宮ご夫妻 文化庁芸術祭の開幕イベントで古典芸能を鑑賞 by NHK 2020年10月1日 19時00分配信

「筝や三味線、それに笛などの音色が調和した演奏に、ご夫妻は拍手を送られていました」とあるけれど、全く不要な「公務」。そもそもこの二人に芸術はわからない、似合わない。猫に小判、豚に真珠です。まさにヤメレ! この「公務」にはどこから謝礼が出てい…

秋篠宮「立皇嗣の礼」の未来永劫中止を!

メディアが菅新政権の「立皇嗣の礼」の11月挙行の可能性を報道してます。これは許せません。 私たちの強い意思を伝えるのに、早急にメールをしましょう!宮内庁、首相官邸、自民党、そして地元選出議員へのメールをしましょう。東京でデモもかけましょう。そ…

「ガルちゃん」検証班の能力の高さ、精確さに脱帽。その成果をご賞味ください!

ガルちゃんの皇室トピの盛況 ガルちゃんの精度の高さーーまさに「歴史」を形成しているその「検証」 美智子前による雅子さま貶めの一例が、ガルちゃんの検証班によって明らかに 徳仁殿下と雅子さまのオランダ訪問への美智子前の妨害工作 スパイの女官に雅子…

「危機管理徹底の美智子さま ストレスで周囲に強いお言葉もーー『News ポストセブン』(9/24配信)を訳せば、「美智子、コロナでヒステリー」となりますね!

またまた『News ポストセブン』の上げなのか下げなのか方向性のはっきりしない記事。まあ美智子前(今後は「皇后」を端折って、こう呼びます)への忖度全開ではありますが。上げたいのに上げきれなかったか? 2016年8月上皇自らNHKを使って退位を宣言、今上…

(手の震えが止まらない?)秋篠宮の「立皇嗣の礼」を阻止しましょう!

なんと11月に挙行される見込みだとか。先ほど宮内庁に電話したのですが(電話するのは2回目です)、まだ未定だし、宮内庁の管轄ではないと言われました。 電話に出られた方に一応反対の旨を伝えたのですが、応対にあまり乗り気ではなさそうな感じがしました…

『女性自身』のクズ記事−−菅新政権が皇室および宮内庁の行政改革に手をつける可能性を恐れた美智子前皇后と秋篠宮(キコ婢)の差し金か

『女性自身』の「菅首相に懸念される「皇室利用」…宮内庁長官“更迭”過去も」といういつもながらの憶測記事。菅新政権が皇室および宮内庁の行政改革に手をつける可能性を恐れている美智子前皇后と秋篠宮(その妻)がお抱え記者に書かせたものだと推察している…

敬宮様を次の天皇陛下に!−−「秋家追放」にガルちゃんで情報共有を!

私と同じ思いの方々が多くおられるのが、サイト名に付けられたコメントで分かる。彼(女)たちが嘆いておられるのが、小内さん監修(?)の新imperialサイト(皇室云々サイト)にコメントが書き込めないこと。 いえいえ、大丈夫、(復活した)ガルちゃんスレ…

盟友のタイのワチラロンコン国王が「国民の反王室デモでピンチ」という事態に−−プリンス・アキシノは危機感を持っている?

はえある「アジア三大バカプリンス」にカウントされるのが、タイのワチラロンコン王子(2016年、父王崩御後国王に)ネパールのギャネンドラ王子、そして我が国のプリンス・アキシノらしい。元のソースを確かめた訳ではないけれど、確かに共通点が「バカ」と…

秋篠宮一家は皇室の恥!日本の恥!「秋篠宮家」からキャリア官僚が次々と逃げ出している−−『現代ビジネス』(9/18(金) 8:01配信via Yahoo)  

秋篠宮上げ記事が並んでいるのが常態だった週刊誌。こういう記事が出てくる様になったということは、潮目が変わりつつある?内容はなんら新しいものではなく、多くの人が知るところではあるけれど、「圧力」によって記事になることはまずなかった。キコ卑父…

「感染症の日本史」なんて、さぞ退屈だったんでしょうね、「草とか木とか」

秋篠宮夫婦と息子が意味もなく(意味もわからず)ヤミクモにオンライン講義を聴講していることが大々的に報じられているが、これってなんの意味があるの?スクリーンの前で講義を聞いているだけ、つまりお茶の間でテレビを見ているのと何ら変わらない。講義…

美智子前皇后による「言論弾圧」は憲法違反ですよね、宮内庁さん!

前皇后(と宮内庁)が元宮内庁職員の小内誠一氏へ圧力をかけているらしい。小内氏は退職されてから「皇室是々非々自録」というタイトルのもと、昨年11月以来、ほぼ毎日記事をあげられていた。そこで明らかにされる前皇后の実態は、それこそ一般庶民よりも下…

まさに「十日の菊」の美智子前皇后上げの文春記事−−いまさら失点回復は無理!

文春の「美智子上げ記事」に失笑 一端の真実は「お転婆」ぶりと大したことのない成績? 辰巳芳子さんのパクリである「命のスープ」 背後に前皇后からの強い要請か 非難コメントの嵐! 前皇后の60年にわたる旧悪の一部 1.雅子皇后陛下を病に追いやった張本…

「教養としての投資教育」が今こそ必要では?

コロナ禍を機に投資に関心をもつ若い人が増えたというけれど、先日読んだ記事では「若い人の投資先トップ」が定期預金だった。定期預金は貯蓄でしょう?定期といえど、金利はつかないも同然。開いた口が塞がらなかった。 投資教育が全くなされていないことが…

リセッション(恐慌)は来るか?ダン高橋さんの分析は?

昨日(2日)のダン高橋さんのYouTube動画を先ほど見たのだけれど、その精緻な分析に脱帽だった。今後の世界経済に関心がある方に(ない方にも)ぜひおすすめしたい。 「アメリカ第二四半期(4月〜6月)のGDPがマイナス32.9%で過去最悪」というニュースを受…

三浦春馬さんには『Toxic Parents』(「毒親」Bantam Books,1989/8/1)を読んで欲しかった!

彼の訃報を聞いたとき、心に引っかかるものがあった。その理由が家族、とくに母親との関係にあるのではないかと直感した。今日電車の車中で、それを思わせるネット記事を読み、その可能性があることを知った。もちろん春馬さんご本人は亡くなっているので、…

来月(8月)の観劇予定

うれしいことに、京都観世会館での能公演が多くなっている。過去に中止、休止になった公演の「復活」公演である。今日は「片山定期能」の代替公演をみてきた。すばらしかった!後の記事にするつもりである。 ただ、京都観世会例会は申込者の抽選となっていて…

矛盾に記者の本音が見える記事「紀子さま、眞子さま結婚への反対は女性宮家のため時間稼ぎか」(『NEWポスト・セブン』7/11(土) 16:05配信)

Yahoo Newsの上の方に出てきていて、いやでも目につく。配信元に「セブン」が付くことからわかるように、雅子さまバッシングを率先してやってきた『女性セブン』の姉妹誌。私はそれらのおぞましいバッシング記事を現実時間で (simultaneously) 読んではいな…

二つの記事「愛子さま、10年間蚕のお世話」と「皇后陛下、初の養蚕を終えられる」を読んで改めて思うこと—「敬宮愛子さまが次の天皇陛下」はヤマト王権の精神に沿っている

二つの衝撃的、かつ悦ばしいネット記事 最初のもの。 もう一点の方。 愛子さまのお蚕写真 明治に再開した皇室の養蚕 前皇后の意地悪 愛子さまがお母さまを支えてこられた 養蚕も女性原理を表象するもの 「女性・女系天皇」はヤマト王権、ヤマトの精神への先…

日本人心性の基層がどこにあるかを示しているのが大嘗祭であり、秋篠宮の「身の丈発言」は見苦しいのひとこと

新天皇が即位するときに行われる大嘗祭とは何なのか?天皇とはなにものなのか、日本人にとって天皇という存在はどういう存在なのか。大嘗祭にその手がかりがあるのではないか。昨年11月14日の大嘗祭に当たって、多くの日本人はそう考えたと思う。 『大嘗祭』…

『最新調査でわかった日本の古代史 変わる歴史の定説』(宝島社、2019)で明らかにされた「万世一系」論の破綻

古代史は実に面白い、そして奥深い!この書は手引書の類だけれど、非常によくまとまっていた。駒澤大学の瀧音能之教授監修によるもので、古代史研究の新しい動向が、ざっとおさらいされている。 冒頭が「新元号『令和』の由来『梅花の宴』の地を探る」という…

「敬宮愛子様が天皇に即位されることこそ、ヤマト文化の伝統に即したもの」 工藤隆著『大嘗祭—−天皇制と日本文化の源流』(中公新書、2017)を読んで

「天皇=男・女系並存」はヤマト文化 であるのに対し、「天皇=男系男子」は唐輸入の外来文化 であることを古代史専門家の立場から立証した好著である。これは古代史研究の立場からの精緻な大嘗祭研究であり、同時にそれを入り口として、女性・女系天皇の正…

「香港の金融センターを日本に」!(by 高橋ダンさん)

香港で「香港国家安全維持法」(国安法)が可決された。中国が香港に対して新しい国家安全法を導入したのだ。BBCの記事は以下。 弁護士や法律の専門家たちは、中国による「香港国家安全維持法」(国安法)は香港の法制度を根本的に変えるだろうと指摘してい…

「小室圭の美化」?笑わせないでくださいよ、『女性自身』さん、ありえない!

「小室圭さんを美化しないで!」称賛報道に宮内庁が極秘要請」という『女性自身』の意味不明記事。ただ、これ曲者。キコ婢と前皇后結託の陰謀が見え隠れするから。この記事、Yahoo掲載の『女性自身』隠れ小池知事支持記事のすぐ下にあったもの。 小室某の「…