yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

片山九郎右衛門師の能『夕顔 山の端之出』in「京都観世会6月例会」@京都観世会館 6月26日

もちろん「夕顔」とは『源氏物語』の「夕顔」の段に登場する女性。この女性(にょしょう)はその美貌と薄命で男性の心を惹きつけて止まないのかもしれない。例によって、『銕仙会能楽事典』より、概要をお借りする。 京都 五条辺りを訪れた、旅の僧(ワキ・…

天皇皇后両陛下「日本芸術院賞」の授賞式にご出席

久々に気持ちが明るくなるニュース。本日(6月20日)発信の日テレニュースである。リンクしておく。 news.yahoo.co.jp 朝日の報道では、この「天皇皇后両陛下の授賞式ご出席」ニュースのトップ写真が秋篠宮夫婦のものになっていて、Yahooコメント欄では非難…

世界に向けて恥を晒した美智子前の非常識さ—ずっと顔を背けられたままのローマ法王(法皇)、ヨハネ・パウロ2世

この件については以前に記事(最終部)で言及している。 www.yoshiepen.net そもそも平成夫婦の1993年9月のアメリカ、ヨーロッパ訪問は、海外王室からの招待ではなく単なる「観光旅行」にすぎなかったのだけれど(知らぬは日本人ばかりなり)、その際のバチ…

美智子前の「お茶会」のおぞましさ−−小内誠一氏の消されたブログより

この前の記事にWaybackMachineからretrieve した記事一覧をアップしたのだけれど、私が当時最も衝撃を受けた記事は見つけられなかった。当ブログの2019年12月15日の記事にその忌まわしいお茶会の様子をあげている。小内氏の記事はどれも美智子前が人格破綻者…

平成の天皇・皇后付きだった元宮内庁職員、小内誠一氏の粛清で消された記事(内容は美智子前の悪行の暴露)が読めます

美智子前からの圧力でネットから消された小内誠一氏の「美智子前の行状暴露」記事の数々−−「皇室是々非々自録」及び「皇室是々非々実録」−−をWaybackMachineで読むことができます。姿を消しておられた小内氏、最近は皇室関連サイトで以前の記事を出されるこ…

7月観劇予定

ようやく演劇の世界にも日常が戻りつつある。劇場の座席制限もかなり緩くなってきている。私の場合も数ヶ月前から観劇をコロナ前の状態に戻していっている。 なんと、満を持しての関西での歌舞伎公演が大阪松竹座にかかる。歌舞伎座が海老蔵を板に乗せなくて…

美智子前の過去から現在に渡る唾棄すべき実態に斬り込んだ篠原常一郎氏のライブ−−その2

こちらは「その1」よりもさらに斬り込んだ内容になっている。題して「JK后 提供者からの内部情報」。 www.youtube.com いくつの論点をあげてみる。 1.高円宮ご夫妻の長女、承子女王にかけられたワナと陰謀 承子様が留学中に非常に奔放な行動をされていた…

美智子前の過去から現在に渡る唾棄すべき実態に斬り込んだ篠原常一郎氏のライブ−−<その1>

本丸に斬り込んだライブ。説得力が半端なかった!ここまで踏み込んでくださり、ありがとうございます。 篠原氏は小室圭母、佳代を詐欺で刑事告発するという勇気ある行動を起こされている。まだ受理されてはいないけれど、その行為そのものは尊敬していた。し…

アナクロニズム全開の「旧宮家復活案」を提示する「日本の尊厳と国益を守る会」の国会議員たち

参院選が間近である。この期に、皇位継承の男系男子派がこだわる旧宮家復帰案と、その根拠をなしている「Y染色体」の実際、ならびになぜ彼らがそれにこだわるのかを考察してみたい。 その上で、例の「有識者会議」に影響を与えている男系男子派の中枢組織、…

天皇陛下、皇后陛下、ご成婚29周年、おめでとうございます!

6月9日にご結婚記念日を迎えられる両陛下。仲睦まじいお姿は励みになります。 国民の敬愛の想いは途切れることがありません。コロナ禍の間はリモートでのご公務の数々、ありがとうございます。最近はお出ましになられることも増えてきているようで、心強い限…

日本会議国会議員一覧((2021現在)

ほぼ全員が「男系男子」派である日本会議。この団体のいかがわしさについては、いくつも特集記事が雑誌にあがっている。数年前にそれを読んだが、神社本庁との深い闇に戦慄した記憶が。保守系の様々なグループを立ち上げており、議員たちはそこに属している…

昭和天皇は「沖縄国体」での皇太子の代読に「否定的」だったと『卜部亮吾侍従日記』に

この情報はYouTubeの「白猫とむったん」サイトからのもの。情報、ありがとうございます。むったんが『卜部亮吾侍従日記』に言及していたので、図書館から第1巻と4巻を借り出した。当該部分は昭和62年が収められている第4巻(全部で5巻)の10月24日の記載(2…

天皇皇后両陛下の結婚記念日を邪魔するべく、自分たちの展覧会鑑賞を同日にぶつけてきた平成の妖怪夫婦

Yahooの記事、読んで唖然とした。タイトルは、「上皇さまの“お疲れ”を考慮し延期の展覧会鑑賞、9日に行うと発表 宮内庁」。リンクしておく。 news.yahoo.co.jp 平成夫婦(美智子前と前天皇)の沖縄復帰50年記念特別展の鑑賞が、9日になったとの宮内庁発表。…

奥野修司著の「眞子あげ記事(文春オンライン6/5日配信)」に呆れたーー後編

なんと、(前の記事に言及した)奥野修司が、れいれいしく言挙げしている「マコクライシス問題」へのガル側からの回答が、ガルちゃんにアップされました! 奥野著の内容は章立てで以下のようになっている。 目次第一章 小室圭さんはなぜ嫌われるのか第二章 …

奥野修司著の「眞子あげ記事(文春オンライン6/5日配信)」に呆れた

記事はYahoo経由のもので、タイトルは「天皇家はお金持ちだし、秋篠宮家だって財産はあるんだから」眞子さん夫婦は“仕送り”を頼ればいいと思う日本人の勘違い」。タイトル自体、意味不明。 リンクしておく。 news.yahoo.co.jp 問題が多々ある記事ではあるけ…

秋篠宮と美智子前シンパの「戦犯リスト」一覧

ずっと前にガルちゃんで「戦犯リスト」をあげてくださった方がいて、それをスクショしたのだけれど、紛失。どこかにあげてくださる方がいないのか(他力本願ですみません!)と切望していた。なんと!「女性天皇と共に明るい日本を作る会」の京さんがYouTube…

伝統違反の「男系男子」を掲げた安倍が「伝統と創造の絶妙のバランスこそ日本の保守だ」なんて、片腹痛い!

Yahooに上がった記事で、ソースは『福島新聞』。タイトルは「安倍晋三元首相が皇位継承、男系維持の重要性に言及 稲田朋美氏らの勉強会で初講演」(2022年6月1日 午前11時53分) www.fukuishimbun.co.jp 以下に記事内容をアップしておく。 稲田朋美衆院議員…

悠仁に「帰れ」と空のペットボトルを投げたツクフ生徒たちが5月末まで停学処分—— この異様に厳しい処分は妥当か?

呆れるほど苛酷な処分。そもそも悠仁は「帰れ」と言われて当然である。 件の悠仁、どう見ても偏差値78と言われる超難関校の附付に入学できるだけの力があるとは思えない。「まずい」部分を編集した公開映像から見ても、知能的・身体的にかなりの問題を抱えて…

神奈川県民のみなさま、久保田京さんが参院選、神奈川選挙区から出馬です!

昨夜のテレビニュースがYahooにアップされました。 政治団体代表の男性が参院選立候補表明 皇室問題を訴える テレビ神奈川 6/2(木) 19:10配信 news.yahoo.co.jp YouTubeで「皇室問題」の発信を続け、全国でデモを展開してこられた久保田京さん。供託金がやっ…

能『朝長』と能『熊坂』in「林定期能改め。SHITE シテ2022」@京都観世会館 5月28日

「林定期能」を「SHITE シテ」に改められた林宗一郎師。さすがの若い能楽師の多い林一門のトップでおられる。公演プログラムがまたおしゃれ。表・裏をアップさせていただく。 能楽公演はもちろんのこと、他の伝統芸能にはなかなかない斬新な装丁。歌舞伎も「…

美智子前のポチ、山下晋司が『女性自身』に書かせたガセネタ「皇居内に異例の巨大カフェ建設!雅子さまが訴えていた『皇室の情報発信』拠点に」

雅子皇后陛下が「皇居内にカフェを建設して、それを情報発信拠点に」と発案されたなんて、とんでもないガセネタ!あまりにもアホらしい記事。山下を始め宮内庁の「情報筋」とやら、よほど海外への劣等感に苛まれている?女性週刊誌の記者たちも彼らと同様に…

橋本雅夫師シテ、橋本光史師ツレの『通小町』in「京都観世会五月例会」@京都観世会館 5月22日

橋本雅夫師シテ(深草少将)、橋本光史師ツレ(小野小町)の組み合わせが、さすが父子と思わせる息合わせが素晴らしかった。シテ=深草の少将の悲哀の濃密さに、なんども涙が出そうになった。 『通小町』をフルで見るのは今回が二度目。一昨年の12月、同じく…

全国赤十字大会(5月19日)にご出席の皇后雅子さまの麗姿は目の保養

皇后さまの笑顔が素晴らしい。温かさに満ちた優しい笑顔。拝見して、心にポッと燈が灯ったような気がした。それにこの華やかさ。このような方を皇后に持つことの幸福を、改めて嬉しく思った。 ところがそれに水をさすような記事をアエラがあげている。リンク…

雅子皇后陛下ご家系の圧倒的「上流」度

華麗な祖先をお持ちなのに、改めて感嘆している。雅子さまの優秀さと品格はこのようなご先祖方から受け継がれてきたものだと、得心できた。 解同と総連の圧力で宮内庁が雅子さまご家系の公開を中止した経緯が 優秀な方勢揃いの雅子さま父方、母方のご親類 雅…

皇室に「会計監査」と「DNA鑑定」の導入を!——魑魅魍魎が跋扈する皇室の危機的状況を打開するにはこれしかない

もちろんこれは(正統の)皇統を堅持することを意味する。「敬宮愛子内親王殿下立太子」という流れに繋がるだろう。いま、この機会を逃したら、取り返しのつかないところにまできていると思う。私たち一人一人が強い危機感を持つべきではないか。 平成時代か…

小和田恒氏が実質手配された昭和天皇皇后両陛下の欧米訪問について詳しく書かれている『楠田實日記—佐藤栄作総理首席秘書官の2000日』(中央公論新社、2001)

数日前の記事に小和田恒氏が雅子皇后陛下と組んで「愛子天皇」に策動しているという『月刊テーミス』の記事に異議を唱えた。今でも怒りは沸点である。小和田氏は外務省入省時から図抜けた俊英で、ずっと外務省トップのキャリアを積まれてこられた。 1971年、…

秋篠宮一家への会計監査導入は待ったなし!「秋篠宮邸の33億円改修工事、秋篠宮夫妻からの『もっと金(きん)を使用して』との追加要求で大幅遅延」報道を受けて

『女性自身』5月18日配信記事。最近の『女性自身』、以前の秋家、美智子前べったり報道に変化が?いずれにしても、これをYahoo Newsで見たときの反応は「ふざけるな!」だった。コメントも当然ながら非難の嵐。 記事内容の一部を引用する。 ’20年春にスター…

橋口和人(NHK社会部宮内庁キャップ)、別名「秋篠宮と上皇后の犬」と呼ばれた男、左遷の報道(デイリー新潮5月17日記事)

記事のURLをリンクしておく。タイトルは「天皇陛下生前退位」「眞子さん婚約」をスクープ NHK敏腕『社会部 宮内庁キャップ』がついに“退任”へ」。 news.yahoo.co.jp この「橋口和人」の名はネット界では夙に悪名高かった。曰く、「平成夫妻と秋篠宮側の工作…

『月刊テーミス』掲載「小和田恒氏と雅子皇后陛下が『愛子天皇』へ動く」の虚偽記事

『月刊テーミス』5月号のガセネタ Twitterでの批判 小和田恒氏が愛子天皇実現に暗躍している?誰が信じますか! ガセネタの狙いはどこに? 2月号にも同様のガセネタが 小和田氏の「暗躍」がありえないこれだけの証拠 小林忍侍従の『昭和天皇最後の侍従日記』…

梅田嘉宏師シテの『菊慈童』in「片山定期能四月公演」@京都観世会館 4月23日

公演チラシの表と演者一覧と演目解説の載った裏をアップしておく。 『菊慈童』はシテ、ワキ、囃子方共に若い演者で、清新感があった。梅田師のシテ、菊慈童は可憐な慈童だった。祝祭性に溢れているのだけれど、シテのふとした様子に悲哀が滲む。それが最も見…