yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

「感染症の日本史」なんて、さぞ退屈だったんでしょうね、「草とか木とか」

秋篠宮夫婦と息子が意味もなく(意味もわからず)ヤミクモにオンライン講義を聴講していることが大々的に報じられているが、これってなんの意味があるの?スクリーンの前で講義を聞いているだけ、つまりお茶の間でテレビを見ているのと何ら変わらない。講義に対してのインターアクティブな参加は無しというなら、犬猫でもできます。この輩たちの頭のレベルでは内容理解は無理だろうから、単にアリバイ作りということなんでしょう。確か信子三笠宮妃に講義内容を聞かれてしどろもどろだったキコ。こういう女が「皇族」に連なっていること自体が、恥である。

天皇皇后両陛下は国際オンライン会議に参加されている。びっしりとメモを取られ、熱心に聴いておられたという。会議に参加もされたはず。語学堪能のみならず、頭脳も秀でておられるお二人、しかもしっかりとした問題意識をお持ちのお二人。それに比べると秋篠宮、キコの二人は頭も悪い上、問題意識なんてまるでない。もちろんその息子も同様。この様子を暴露したYouTube 動画サイトをリンクしておく。主の白猫さん、ありがとうございます!

しかも!この動画のタイトルが笑える。題して、「『俺(秋本人)には到底真似出来ない…』ハイレベル過ぎる天皇皇后両陛下の国際オンライン会議に、秋篠宮さま驚きを隠せない!」と、思いっきり秋夫妻をバカにしたもの。オンライン聴講なんて、回数を稼げばいいってものではないでしょう。こういうところにこの二人のお馬鹿ぶりが如実に顕れているんです。

なんでもこの7日に、悠仁さんも両親と一緒に日文研の磯田道史准教授から「感染症の日本史」をテーマにオンラインで説明を受けたとか。「感染拡大が社会に及ぼす影響について専門家から話を聞くことを重要と考え、夏休みで都合がつくことから参加」というふれこみだったという。その時の様子がTBS系ニュースで配信された。しかし、その動画は直ちに削除されたという。どこが問題だったのか。それらしいところをこの動画からアップさせていただく。どうもこの中二の息子さん、内容が理解できなくて、退屈の極みだったんでしょう。それがよくわかる「変顔」だった。ただ母親は、「内容が易しすぎて退屈したんです」の一点張りだったそう。それって、磯田氏に失礼でしょ?

そのニュースに映っていた息子の「問題」だと思われる映像の一部を紹介する。、中二にしては、身体・知的共にかなり未熟な感じがモロ出ていた。ニュース映像を削除する指示を出したのはおそらくその母親だろうけれど、そういうマスコミ検閲をする権限をこの人が持っていることが、怖ろしい!敬宮愛子さまが幼少のころ、あれだけ叩きまくる報道を出させていたのが、この人だったことが、これでわかった。朝日新聞等の左巻きマスコミと密接なホットラインがあるというのは、本当らしい。

f:id:yoshiepen:20200901011236p:plain

とはいえ、ニュースカメラが入っているのに、平然とこういう変顔ができるなんて、大した「大物」じゃありませんか。この人がショーライのテンノーなら、日本も安泰?

 

しかしである、検閲、削除というのは、実に大それたメディア介入であり、言論の自由の蹂躙である。法律違反ですよね。

この女が前皇后と組んで雅子皇后陛下と敬宮さまにやり続けてきたおぞましい所業、その一つがお抱えマスコミや週刊誌を使っての(敬宮さまが「知恵遅れ」であるという)偽情報の流布がある。それが今やそのまま自分の息子にブーメランとなって降りかかり、報道規制をする仕儀になっている。

この人たちがマスコミと組んでやってきたあまりにもの下品な、卑しい、愚かな操作の数々。それらが新しいメディアのおかげで、多くの人に知られることとなった。これを国民のほとんどが知ることになれば、皇籍に残り続けることは難しくなるはずである。