yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

まさに「十日の菊」の美智子前皇后上げの文春記事−−いまさら失点回復は無理!

 

文春の「美智子上げ記事」に失笑

この噴飯ものの記事のタイトルは、「ご懐妊中の紀子さまのお電話に……美智子さま『異常妊娠の記憶』と『命のスープ』」(「文春オンライン」8/9(日) 6:01配信)。

どんな見返りが?

昨年の『週刊文春WOMAN 2019GW号』の再掲らしい。このいかにも底の知れた「前皇后あげ記事」を書いたのは、日テレで皇室特番を担当していたという渡邊満子という御仁。おそらく美智子上げ記事の常連だった渡辺みどりや橋下明などと同類の御仁だろう。前皇后が毎月?主催していたというゲスな御仁ばかりの例のお茶会なるものの常連さん?果たしてどんな美味しい「見返り」(reward)があったのか。文春さん、こういう「十日の菊」記事を掲載するのをやめませんか?評判が落ちるだけですよ。

一端の真実は「お転婆」ぶりと大したことのない成績?

掲載されたYahoo記事をリンクしようかと考えたけれど、アホらしいので止した。脈絡なくいくつかの「事例」の断片をつぎはぎしただけ。情緒的で、およそ客観性の乏しい内容。美智子前皇后の幼少期から婚約に到るまでの、「お転婆ぶり」と「成績」(聖心で2番は嘘だとわかる)から始まっている。手許に以前に「ガールズチャンネル」に掲載されたそれらの「証拠」となる写真をあげておく。

f:id:yoshiepen:20200814110208g:plain

実に写真は雄弁ですね。この写真に「まるでズベ公!」とコメントがついていた。今の若い人は「ズベ公」を知らないでしょうね。またインド人(?)ゲストのネクタイを直す姿には「パンパン」との評も。こちらも調べてみてください。この写真は結婚後ですよね。まるで水商売の女ですね。三島由紀夫がバラた「試し乗り」が、より真実味を帯びてきます。

成績の方は以下。

f:id:yoshiepen:20200814110303j:plain

辰巳芳子さんのパクリである「命のスープ」

このアホらしい文春記事内容が収斂する点はひとつ。いかに美智子前皇后が息子の妻たちの懐妊時に「命のスープ」で励ましたかという「美談」。とはいえ、あちらこちらに話が跳び、およそ物書きの書いた文章ではない。

そもそもインスタントラーメンすら自分で「調理」しないことが知れ渡っているミテコさんが、自ら「命のスープ」なんて作るはずもないでしょ?それに「命のスープ」という呼称は、著名な料理家の辰巳芳子さんがご自分のスープにつけたものですよね。パクリ?!白々しさもここまでくると、あっぱれ!

背後に前皇后からの強い要請か

この記事が「十日の菊」のごとく麗々しく再掲された背後には、前皇后からの強いプッシュがあったのだと推察される。すでに世間から忘れられた感のある前皇后の存在。無理やり「上げ記事」が上がる時は「非難」の嵐。

非難コメントの嵐!

まあ、この記事へのコメント欄も非難のオンパレード。そのどれもがもっともなもの。いくつかアップさせていただく。

  • もう引退してまで上げ記事止めてください。上げ書かないと報道させてもらえなくなるのですか?今は令和の時代。今、皇室が存亡の危機に陥っているのですよ!あんな怖い報道されるような家庭との婚姻を破談にしないどころか、後でどうも支援してるように思える秋篠宮家。秋篠宮様が総裁している団体の役員をしていると言われる法律事務所が、留学の数千万円にはなる生活費を負担しているらしい。赤の他人が何の見返りもなしにそんな巨額のお金だすと思えない。こんな結婚に裁下を与え何の対応もしない美智子様と上皇様。文春さんも、大半のマスコミと同じで皇室無くしたいの?日本のことを考えるなら、あの親子や周辺の闇、調べて報道してください。最近、文春さん美智子様の下僕に成り下がった気がします。
  • 上皇夫妻は内廷費をいくらお遣いなんでしょうか。天皇御一家は御三方でとても少ない取り分だと想像しますが、各所へ御寄付され、国民にお返しされようとする。我々からしたら、御三方でどうぞ御遣いくださいとお願いしたいくらいです。あまりに長い間、節約と節制されてこられているお姿を拝見していますので、こんな質素な国の象徴はどこの国を探してもありません。
    秋篠宮家、上皇夫妻は逆に、率先して国民に税金をお返しいただきたい。秋篠宮家は仕事が無いですし、皇族費は不要でしょう。上2人の学校も無駄金でしたね。下のお子さんも登下校の様子さえ見えない。
    上皇夫妻は何故あんなに職員が必要なんですか?毎日食事して寝るだけしょう?仕事もなく日々の生活にいくらかかるんでしょうか。それこそ、こんなご時世で、国民にお返しいただく感謝があって然るべきだと思いますが。
  • コロナ禍で東京他大都市圏、沖縄がえらいことになっている世の中に、話題出してくる内容なのか? 注目されたい病でも発動ですか?上皇后さま御用達記者がいる週刊誌各社には、専用ネタストックがあって忘れられないように、現在の皇室を築いた功労者として中心であるかのように、上皇后さまの一声で発動されるようにでもなってるんですかね? これいつのネタ?浮世離れしすぎてキモささえ感じる。

みなさん、あまりにもの忌憚ない正直な感想!

前皇后の60年にわたる旧悪の一部

前皇后については、その60年にわたる旧悪の数々が暴かれてきている。今や前皇后を賛美するのは限られた高齢者層のみ。その人たちに訴えるといっても、その人たちの先は前皇后同様もう見えている。以前にもこのブログにあげてきたものではあるけれど、この人の仕業を一部あげておく。

1.雅子皇后陛下を病に追いやった張本人

その経緯と実態が今上陛下の即位式前後からつとに知れ渡ることになっている。未だに雅子さま、愛子さまへのお抱えメデイァを使っての嫌がらせ行為は続いていると確信できる。この記事もその証拠の一つだろう。

2.長年にわたる巨額な税金の無駄遣い

結婚後に費やした数千億円ともいわれる衣装代!その衣装は先代まではなかった各地訪問というエセ「公務」で、見せびらかすものだった。そのエセ公務にも莫大な費用をかけている。これら全て、国民の税金。私たちは長きにわたってこの人のATMだったんですね。今や出自・品性・人格の賤しい嫁のキコ妃が、この前皇后「路線」を踏襲している最中である。

3.昭和天皇の愛された自然林の伐採

昭和天皇崩御後、自然林を伐採、そこに無理やり自分たちの住む吹上御所を建築させた。自分の思うように「操る」ことのできなかった昭和天皇への、復讐か。昭和天皇が皇室に将来ずっと遺すおつもりだった皇居の自然林。それを丸坊主にした。きっと、あの夜叉顔で「ざまあ!」(下品でごめんあそばせ)と嘯いっていた様が、眼に浮かぶ。

4.隠遁された香淳皇后陛下に、人間としてありえないな虐めをしたこと

最たるものが、最晩年の香淳皇后のお姿をメディアに流したこと。これは事実であるけれど、そこから導き出される推論は、昭和天皇崩御後に、裏で陰湿に行われていた「虐め」であろう。おそらくは、当時の皇后であられた香淳皇后さまが、梨本宮妃の伊都子さま、その妹の松平信子さま、伊都子様の姪の秩父宮妃勢津子さま共々美智子入内に強く反対されたことへの意趣返しでもあっただろう。 気のとても強い、そして恨み心の強い美智子さん、どれほどネチネチとした仕打ちをされたのか、雅子さまへの(今でも続く)執拗な虐めと被り、心が痛む。

5.退位後も皇居を占拠し続けたこと。

つい最近まで皇居に居座り続け、今上陛下と雅子さまが皇居に入るのを阻んできた。加えて明仁上皇の退位が決まってからの「お忍び」と称したSPを連れての連日の外出(私はこの報道から、やっとこの人の真の姿が判ったのですが)。「皇后」という地位への恐るべき執念・執着を感じる。 

6.秋篠宮家長女での女性宮家創設を画策

できの悪い孫が選んだフェイク男に、婚約の裁下を下ろすよう上皇に促し、現在の混乱を招いた黒幕こそ、前皇后。秋家によるフェイク男のサポートも、この人の了解のもとになされているはず。この孫で「女性宮家」を作り、敬宮愛子内親王が天皇になられるのを阻む意図があるのだろう。皇統を秋篠宮一味に移す意図が。執念深く「雅子さま排除」に執念を燃やすおぞましい妖怪に見える。

「秋篠宮出生の秘密」が巷間で囁かれている。それが事実なら、この人の抱える闇は果てしなく深い。 

7.皇統を秋篠宮(+川嶋)一族に移そうとしていること

キコ妃という出自に「汚点」が何重にも付く「系統」に、皇統を移すという陰謀を画策している?自身の出自と重なるから?ここまでくると、昔聞いたことがある「美智子入内はGHQの陰謀」なんていう、ちょっと見(聞き)にはとんでもなく時代錯誤に思えた噂が、事実に見えてしまう。上にアップした写真で、入内前に、外国人も出入りしていたというダンスホールで嬉々として踊っていた姿が重なってしまう。

8.皇居に礼拝堂を造らせた?

父親の日清製粉会長の故正田英三郎氏は、戦後闇市のどさくさに紛れてGHQ がらみで財を成した。例の戦後政商フィクサー、児玉誉士夫のこわっぱ版政商である。元は群馬館林の駅前の醤油商だったらしい。その地に白山神社が建っていることからわかるように、一帯は被差別部落と呼ばれたところで、キリスト教信者が多かったとか。前皇后、何しろこの文春記事でも「暴露」されているように、未だにクリスチャン。皇居にはこの人専用の礼拝堂まで作らせていたとか。

9.キコ妃と組んでの「男子」の製造

「受精卵の分別」という法律、倫理に反することをしたのではないかと疑われているが、それを唆したのがこの人だった?事実なら「皇統」への最大の謀略・叛逆であり、また背徳の極み。

そしてこれがまさに「1」にあげた「雅子さまを貶める手段」として使われたのなら、許しがたい。雅子さまがどれほどの苛酷な状況に置かれておられたのか、想像するだけで胸が痛む。半島出身のキコ妃と組むなんて、日本(ヤマト)民族への裏切りでもある。それを嬉々としてサポートした当時官房長官だった安倍さん。彼が現在どうなっているか。失脚は時間の問題だろうが、これこそまさにヤマトの神からの「天罰」だろうと私は密かに思っている。

唯一の「功績」

ただ、その「功績」は、今上陛下をこの世に出してくれたこと。それがあるので、なかなか突っ込んでゆけないんですよね。

親とはまるで価値観が真逆の今上陛下。もともと天皇としての優れた人格・品格のお子さんだったのではあるけれど、昭和天皇が全霊をかけて教育され、国民すべてが崇敬する天皇となられた。綿々と続いてきたヤマト皇統の正しい継承者であり、その後継として敬宮愛子内親王殿下を世に送り出してくださっている。

広大な闇を抱えた前皇后、いくらあがいてももう失点回復は無理ですね。その醜い姿を晒して、国民から罵声を浴びながら生きてゆくことになるのでしょう。まさにそれがこの人にヤマトの神々が下した制裁かも知れない。