yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

美智子前皇后による「言論弾圧」は憲法違反ですよね、宮内庁さん!

前皇后(と宮内庁)が元宮内庁職員の小内誠一氏へ圧力をかけているらしい。小内氏は退職されてから「皇室是々非々自録」というタイトルのもと、昨年11月以来、ほぼ毎日記事をあげられていた。そこで明らかにされる前皇后の実態は、それこそ一般庶民よりも下品で幼稚なものだった。

「皇室是々非々自録」に規則正しくアップされていた記事。それがある時から滞りがちになった。ブログタイトルも変わった。執筆も小内誠一以外の何人かで担当されるようになっているようである。ただ、宮本某なるfaulty writerが担当する記事を目にして以降は、アクセスしていない。これからも派生したサイトにアクセスすることはないだろう。

「皇室是々非々自録」に次から次へと暴露される美智子前皇后の実態は今まで隠されていた事実が明るみに出て、さぞや美智子さんは立腹だっただろうとは思った。特に雅子さまいじめが熾烈を極めたことが、実録として披瀝されている。かつ、一貫して貫かれて小内氏の想いは、今上陛下と雅子妃に対する敬愛の念であることがよくわかった。その点で以前に読んだどちらかというとビジネスライクというか、実務的な感のあった(意図的にそうされたのであろうが)小林忍侍従の日記とは袂を分かっているように感じる。 

今まで情報を持たなかった方のために、以下に雅子さまいじめの実態を赤裸々に語る「皇室是々非々自録」の記事を時系列に沿って何点かあげさせていただく。もっとも今風(?)なのは、タイトルを見ただけで、その内容が推察できることだろう。タイトルをリンクすると記事にとびます。「4」のみ秋篠宮の皇統に関するもので、失礼!タイトルをクリックすると、「皇室是々非々自録」の記事にとびます。

 

1. 掲載:2019.11.25、コメント119件

美智子さま「靴」を隠して、雅子さま「大恥」 適応障害の原因は何か? – 皇室掲示板(旧、皇室「是々非々」自録)

 

2. 掲載:2019.11.28、コメント182 件

雅子さま「醜聞」を、美智子さま「酒の肴」にお茶会 伏魔殿の御所 – 皇室掲示板(旧、皇室「是々非々」自録)

 

3. 掲載、2019.12.11、コメント206件

雅子さまを「踏み絵」にする、美智子さま「お茶会」の地獄絵図 悪口・ものまね大会 – 皇室掲示板(旧、皇室「是々非々」自録)

 

4. 掲載:2020.01.13、コメント282件

秋篠宮殿下は、美智子さま「浮気の子」なのか? 夜の不満を語られた「お茶会」 – 皇室掲示板(旧、皇室「是々非々」自録)

 

5. 掲載:2020.04.21、コメント69件

美智子さま「雅子さまイジメ」の実際 お茶会の予定時刻と席順が… – 皇室「是々非々」実録

美智子さんが「抗議しているのは、記事そのものというより、そこについたコメントというのが、笑える。如何にこの人が「見栄の塊」かが、よくわかる。いくつか名称を変えられても核になっている執筆者は元宮内庁職員の小内誠一氏。ということで、弾圧をかけてきたのだろう。小内誠一氏の当該記事は今後破棄される可能性があるようなので、記事のスクショを撮っておいた。以下である。「目次」のある一枚目のみをアップしておくつもりだったのだけれど、続き分もアップしておく。

 

f:id:yoshiepen:20200814164620p:plain

f:id:yoshiepen:20200814164941p:plain

f:id:yoshiepen:20200814230725p:plain

f:id:yoshiepen:20200814230747p:plain

弾圧が事実なら、それは憲法違反ですよね。関連の他記事についたコメントは前皇后と宮内庁への怒りに溢れていた。陰湿な雅子さま虐めを30年間にわたって御用週刊誌を味方につけてやり続けてきた前皇后。雅子さまが全くいわれのない酷い記事を週刊誌に書かれていたときには、雅子さまをサポートすることは一切なかった前皇后。それどころか、そういう記事を書かせ、また煽ってきた実態が明らかになってきている。

まさにご自身がやってきた悪行の実態が元宮内庁職員の方によって詳らかになってしまった。おぞましい行為が次々と暴かれている。

今まで自由奔放に雅子さまいじめを始めとする数々のを得々とやり続けてきた美智子前皇后。懲りずに現在もやり続けている、どこからも非難されずに。それを知った国民の怒り。まさに「国民への裏切り」以外のないものでもないんですから、当然です。だから、国民の批判を封じ込めるなんてことは、到底無理ですね。