yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

吉村大阪府知事の危機意識と危機管理が国より先んじている−−吉村大阪府知事が感染者の入院先を症状、リスクに応じて振り分ける司令塔組織を立ち上げると決断

 

吉村知事が感染者振り分けの「司令塔」立ち上げ

医療崩壊を防ぐ

大阪府の吉村洋文知事は11日、府内の新型コロナウイルス感染者の入院先を、症状やリスクに応じて振り分ける司令塔組織を、週内にも立ち上げる方針を明らかにした。現在は感染者の大半が軽症か無症状で専門の医療機関に入院しているが、重症者の病床を優先的に確保し、軽症や無症状の人は一般の医療機関で受け入れるように運用を見直す。

吉村氏は府庁で記者団に「重症者やハイリスク患者を守り、医療崩壊を起こさせないために(入院先の)選別が重要だ」と述べた。新たな組織は「入院フォローアップセンター」(仮称)、治療の優先度が高い順に以下の優先度をつけるという。

医療機関の振り分け

(1)感染症の指定医療機関

(2)一般の医療機関

(3)既存の病院などで活用されていない「休床病床」-に振り分ける。足りない場合は民間の宿泊施設にも協力を求め、活用する  

さらに、補足として

府内では10日までに73人の感染が確認されたが、大半が軽症か無症状で、複数の指定医療機関(約80床)に入院している。ただ、感染者が今後急増すれば病床が不足する恐れがあり、府は12日に開く新型コロナウイルス対策本部の専門家会議で入院基準などを議論する。

休床病床を活用する場合は医師や看護師ら人員の確保に加え、防護服など医療態勢を整備する必要がある。吉村氏は記者団に関連の補正予算を編成する考えを示した。

羽鳥モーニングショーで紹介・解説

岡田晴恵氏、玉川氏も賛同

テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」では、これをパネルでわかりやすく解説していた。大阪府のこの方針、コメンテーターの玉川氏も岡田晴恵氏も賛同。「やっと!」という感じが伝わってきた。この番組で岡田氏がいつも憂慮され、言及されていたのが「医療現場の崩壊」だった。それに対する指針がだされたということで、スタッフの安堵感が伝わってきた。国としても、是非とも大阪府に追随してほしい。というか、国が先に指針を出すべきだったのに、危機感の薄さがこれでよくわかる。

大阪府知事、大阪市市長の危機感と危機管理意識の高さ

吉村知事1月に厚労省の情報発信に不信感

さすが吉村知事、1月末の段階で「『国は楽観視しすぎ』と大阪府知事は言っていた。産経1月28日付記事。彼は厚労省の情報発信に不信感を抱いていたとのこと。

松井市長は総理発表に先駆けて「小中高臨時休校」

また、安倍総理の発表以前に「小中高臨時休校」を先行発表していた大阪市の松井市長も、「政府はもっと前に大方針を。『もう少し前に国としての大方針を出してくれれば、悩まずに済んだ』(産経2月27日)と危機感を吐露していた。

 

新型コロナ検査キットをクラボウが発売へ

検査態勢を促進するには迅速に検査できるキットがあればいいのだけれど、昨日の日経に「新型コロナ検査を15分で、クラボウ、中国製キット発売」の記事が。リンクしておく。

www.nikkei.com

中国製というところに「?」はつくけれど、でもこの際、大朗報である。検査が早く、かつより精確にできるようになれば、上記の医療機関振り分け、そして早期治療と合わせて、コロナとの闘いは何歩も前進することになるだろう。

未だに厚労省と政府の危機感のない対応を是とする人たち

反日のレッテルを貼られたテレ朝にしてはまともな番組ーー羽鳥さんのモーニングショー

Yahooニュースを見ると未だに「危機を煽るな」、「株価暴落はテレ朝モーニングの所為だ」とのコメントがあり、愕然とする。国及び厚労省、さらには専門者会議のユルユルの対応策に未だに騙されている人がいるということですね。

その最たるものがテレ朝の羽鳥さんの冠番組(8:00-10:00)に対するいちゃもん付けである。私はシンガポール在住の息子を2月末に尋ねる予定を組んでいた(航空券、ホテルは11月に予約済み)。1月末からキャンセルすべきかどうか、情報を知りたくて、みたことのない朝のいわゆる「ニュース・ショー」をはしごした。

情報が精確であり、コメントも正鵠を射たもの

もちろんテレ朝のコメンテーター、ゲストの方々の多くが「反安倍、反日」の人たちであることは、知っていた。ところが、実際に見てみると「危機感を煽るな!」と言明するゲストのみを尊重するTBSの能天気さに比べると、テレ朝の方がはるかにまともな情報を提示しているのに、つまり背景の確認、その上での仮説の設定、それもエビデンスを正確に、正直に出したものだったのに、驚いた。

岡田晴恵教授、大谷義男院長の的確な指摘と提言

とくにゲストの感染症・公衆衛生学の専門家、岡田晴恵教授や呼吸器専門大谷クリニックの大谷義夫院長の指摘されることの一つ一つが、十分に予測できること、政府、厚労省、政府よりの感染症専門医たちのものよりも、はるかに信頼できるのは、すぐにわかった。それがわからない連中には、「(バイアスがかかって?)理解力が欠けているからですよ」と言ってやりたかった。

玉川徹氏の意見のまともさ

(あのノトリアスな)玉川氏もとてもまともで、真摯にこの問題を考え、意見を出しているのがわかり、こちらも驚いた。その点ではコメンテーターの(反日急先鋒の誉れ高い)青木理氏とは一線を画していた。青木氏は二言目には「政府が悪い、安倍が悪い」ですから。

必要な人にPCR検査を

以前の記事にこの辺りのことを書いている。岡田氏、大谷氏のアドバイスを受けた上で、(医師の依頼があれば)「PCR検査ができる態勢を早くとれ」とこの番組が主張していたのは、感染者をできるだけ早く見つけるのが肝要だという視点。感染者の急激な増加で医療現場がパニックにならないための方策を様々に提示していた。それがうまく機能しないとどうなってしまうかも、岡田氏が予見しておられた。残念ながら、彼女の予見通りにコトは運んでしまっている。

「集会の自粛、一斉休校」の提案

「集会の自粛、一斉休校」というのも、岡田氏の提案だった。他局もまたテレ朝の他番組でも反対意見のオンパレードだったのは、ここの記事にしている。閣僚間にも政権内にも反対意見があったのを、安倍首相が政治的判断でGOサインを出したのは、みんなの知るところである。ただ、つい最近まで、「学校が休みになって、親が困っている」等の、「楽しみにしていた催しがなくなって、がっかりする人が多い」等の危機感ゼロの意見がまかり通っていた。「命とどちらが大事ですか!」とぶん殴ってやりたかった。例の尾木何チャラという教育専門家もそんなことを言っていましたよね。厚かましくも反対を言っていたおバカタレントもいましたっけ。

このブログ記事にあげたのは、(岡田氏の提案で?テレ朝の「パネル」にあがっていた)「スペイン風邪」時のセントルイスとフィラデルフィアの感染者と死者を比較表。これは衝撃的だった。安倍さんも宣言した際に使えば説得力があったのにと残念だった。 

政治主導の重要性ーー安倍総理は一掃の指導力発揮を!

このような危機に際しては「政治主導」がいかに大事かを、このコロナ禍の当初、元大阪府知事の橋下氏が説いていた。本当にその通りだと思う。台湾の蔡英文総統の今回の指揮と指導力の素晴らしさを見るにつけ、納得である。

心理学専門家のあきれた攻撃

 ネット「現代ビジネス」に岡田晴恵氏への攻撃が載っているのに、先ほど気づいた。岡田晴恵氏がまるで陰謀を企てているかのような論を展開しているのが筑波大の御仁。専門が心理学だそうで、感染症、公衆衛生学の専門ではない。このような感染拡大というパンデミック状況の中、科学的見地からの検証とそれへの対処が必要であり、そこに心理学がどう関係しているのか、不明。この人、おそらく断片的にしか「モーニングショー」を見ないで論を展開しているよう。情報を真摯に発信している人を貶め、悦に入っているような輩が誰なのかを、私たちは見極めなければならない。何が正しい情報なのかをしっかりと自分の目で確認、判断してなくてはならないと、つくづく思う。私たち一人一人の命に関わる喫緊の問題であり、後戻りできない状況だから。