yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

安部晴明伝説を組み込んだ「葛の葉」(『芦屋道満大内鑑』)」in 「七月大歌舞伎」@大阪松竹座 夜の部

ちょうど6年前の7月に国立劇場でこの「葛の葉」を見て記事にしている。 www.yoshiepen.net 葛の葉を演じたのは今回と同じく時蔵だったのだけれど、子供を抱いたまま筆を口にくわえて障子にあの有名な歌を残す場面は、今でも目に浮かぶ。時蔵の予想外の(失礼…

関西・歌舞伎を愛する会 結成四十周年記念 「弥栄芝居賑(いやさかえしばいのにぎわい)」

道頓堀芝居前の場 40年前の関西の歌舞伎は京都南座の顔見世のみというくらいまで、落ち込んでいたとか。なんとか昔の華やぎをもたらしたいと、尽力したのが澤村藤十郎。甲斐あって、会設立から四十周年を迎えることとなった。 だからだろう、上方歌舞伎に縁…

阿国さんが魅せてくれた京女の深情け『銀のかんざし』in 「咲之阿国祭り 劇団あやめ」@がんこ座 7月16日

『銀のかんざし』は元々松竹新喜劇の作品。以前に他劇団で見てあらすじを書いている。それを参考にして、この日のものを以下に。 ところは京都。井戸掃除の職人(きらら)が仕事を終え、依頼主の借家長屋の家主(千鳥)と井戸端で話している。職人が銀のかん…

来月(8月)観劇予定

東京遠征は考えていなかったのだけれど、息子一家が帰国し、東京で会うことになったので、急遽歌舞伎を取った。といっても出遅れてしまい、三部あるうちの一つのみが三等 A(5000円)席、「東海道」の方は二等席以上しか残っていなかった。一般売り出しの前…

彼岸との交流を希求された林宗一郎師シテの能『清経 恋之音取』 in 「十三世 林喜右衛門 玄松 三回忌 追善能」@京都観世会館 7月6日

いつもの宗一郎師の舞台とは一味違っていたような。それは平清経の人となりを表現するためだったのだろう。かなり大人しめというか、抑制をいっぱいに効かせた演技で、清経の自死を選ばざるを得なかった心持ちが伝わってきた。どう言ったらいいのか、「『Loo…

「Googleレンズを駆使する」という野口悠紀雄氏の『超AI整理法』が斬新!

昨日書店で平積みになっているのを購入した野口悠紀雄氏最新刊の『超AI整理法』(角川)。非常に示唆に富んでいた。それを受けて、居住するマンションのコミュニティ誌巻頭文として作成したものが以下。 広大なネットの海へと旅立ったのはGhost in the Shell…

「世阿弥−−いま甦る幻の鹿島映画−−」上映会@湊川神社7月12日

結論からいうと、失望した。よく内容を確認しないまま参加した当方にも責任はあるとは思う。そもそも世阿弥の伝記映画と考えたのが間違い。あくまでも白洲正子さんの随筆をベースにした、「白洲正子の『世阿弥』」にしかすぎない。彼女のエッセイはかなり読…

勘十郎・和生の「人形」、呂勢・清治の「語り・三味線」で魅せる「殿中刃傷の段」in 『通し狂言仮名手本忠臣蔵』(国立文楽劇場 4月)NHK BS放送

この4月に文楽劇場で「大序」から「四段目」まで見て、記事にしている。 www.yoshiepen.net ただ、この放送を見て、前には見落としていたことが結構あったことに気づいた。かなり後ろ席だった所為もあり、人形及びその遣い手の表情をしっかりと認識していな…

もう騙されない−−美智子前皇后、そして秋篠宮家の浪費と乱脈の実態と陰謀

美智子前皇后が采配している皇族外遊(あえて外交とは言わない)の問題点 美智子前皇后が増やした「公務」の問題点 雅子さまバッシングのネタにしたこと 「(自分が爆発的に増やした)公務を担わせる」という大義名分で女性宮家創設を策謀していること 「公…

三部作「ウィズイン・ザ・ゴールデン・アワー / メデューサ / フライト・パターン Within the Golden Hour / Medusa / Flight Pattern in「英国ロイヤル・バレエ・シネマ 2018-2019」@TOHOシネマズ西宮 6月30日

公式サイトをリンクしておく。 tohotowa.co.jp 最後の「フライト・パターン」は宅急便が届くので端折って退出。とりあえず振付のクリスタル・パイトのインタビューは聞いた。来週木曜日まで上映があるので出直してもいいのだけれど、そこまでの食指は動かな…