yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

秋篠宮がメンバーに入っている皇室関連の「有識者会議」なんて、茶番!

なんでも今年中に提言を取りまとめるとか。冗談も休み休み言ってほしい。なぜそう急ぐ?しかもこの会議、公開情報では秋篠宮本人もメンバーのひとりなんですよ。議論の対象者、関係者が会議に入っていること自体、普通はありえない。

メンバーそのものを公開すべきだし、そもそもメンバー選抜方法も密室で決めるのは許せない。この国の政府は総理大臣を密室会議で選ぶということが多かった。森喜朗の女性差別発言に端を発したオリ・パラ組織委員会会長の後任もその方式で選ぼうとして、非難を浴びたのは記憶に新しい。彼らにとってみれば、ずっとやってきたいわば「慣例」なので、疑問を持つことがなかったのだろう。

そういえば、森が総理に選ばれた経緯も密室談合によるものだった。選出基準が隠されたままでのこんな怪しいやり口で皇室会議の「有識者」を選ぶのはやめていただきたい。委員に選出する際の候補者の経歴、発言歴等をつまびらかにし、それを国民に公開すべきである。

小泉政権下で審議されほぼ決まりかけていた女性天皇、女系天皇容認の「皇室典範の改正」を復活させる方が国民の理解を得やすいのではないだろうか?私も目を通したのだけれど、そこでの議論は極めてプロダクティブだった印象。ほぼ女性天皇、女系天皇を容認することで決まりかけていたのに、半島出身のキコが法律に(倫理にも)違反した「受精卵選別による男子妊娠」という「テロ」で審議を中断させた経緯がある。幹事長だった安倍晋三が間を取り持った。この点だけでも安倍は朝敵である。絶対に許さない!以下に当該経緯をアップする。

f:id:yoshiepen:20210301223731p:plain

許すまじ、安倍晋三!

この一点だけでも次の選挙では自民党に入れない人が出てくるだろう。まして、密室会議で秋篠宮家の馬鹿娘のみを対象の「女性宮家」や「皇女公務員制度」なんて珍案が提出されることにでもなれば、国民は黙ってはいない。自民党どころか秋篠宮一家、さらにはそれを裏で支える美智子前も安泰ではいられないだろう。

男性のみの「皇統」にこだわるなら、秋篠宮のDNA鑑定は必須である。ネットではこの人が上皇の子ではないともっぱらの噂である。信憑性が薄いと私も最初は半信半疑だった。でも「ガルちゃん」になんどもアップされた以下の写真をみると、この疑惑は確信に変わりつつある。秋篠宮、および旧皇族男子の方々のDNA鑑定を要望する。

以下、秋篠宮とその実の父(?)とネットで話題の安西孝之氏の比較写真。あまりにも似ているのに愕然とする。

f:id:yoshiepen:20210301224025j:plain

f:id:yoshiepen:20210301224111j:plain

f:id:yoshiepen:20210301224218j:plain

 

安西氏の祖父、森矗昶氏と眞子との比較写真。マコはネットでは女ノブテルと呼ばれています。

f:id:yoshiepen:20210301224301j:plain