yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

味方玄師の仕舞「玉の段」in「TTR能プロジェクト企画公演」@湊川神社神能殿 7月28日

大鼓方の山本哲也師と小鼓方の成田達志師お二人の企画になる「TTR公演」。昨年も参加している。今回の企画のテーマが「世代競演・時分の花」で、若手とベテランの三組の競演を魅せるというのが趣旨だったよう。ただ、やはりこのように組みで比較ということになると力の差は歴然で、若手には気の毒だったかもしれない。

よかったのはやはり味方玄師と片山九郎右衛門師。何といっても能楽界では当代一のお二方。この日の趣旨に応えて?気迫のこもった演技を見せてくださった。素晴らしかった。お二人とも極めて謙虚でおられるのも素敵である。

まず味方玄師の仕舞「玉の段」。もちろん『海士』の一部分。シテの海女が竜宮から宝珠を盗み出す場面が描かれる。自らの胸をえぐってその珠を隠して、瀕死の状態で海中から引き上げられる。それも、我が子房前大臣に渡すためだった。

舞台が始まる前の山本哲也師と成田達志師との漫才のようなトークでは、この段が難しいのは終始海中にいるというのを、所作で示さなくてはならない点だとのことだった。その辺りは実際の舞台ではさほど明らかではなかったものの、海女の母の強い想いがひしひしと伝わってきた。かなり激しい回転も入って、それだけでもワクワクさせられる。さすが玄師、一糸の乱れもなく演じられた。このシーンに当たる詞章は以下。極めてドラマチックな海女の珠獲得劇が目の前に繰り広げられる。

大悲の利剣を額に当て龍宮の中に飛び入れば
左右へばつとぞ退いたりける其隙に宝珠を盗みとつて
逃げんとすれば 守護神おつかくかねてたくみし事なれば

持ちたる剣を取り直し

乳の下をかき切り珠を押し籠め剣を捨てゝぞ伏したりける

 

終盤近くで珠をえぐりとった乳房下に隠すところは、鬼気迫るものがあった。でも舞われた玄師のお顔はちょっと紅潮されたものの、表情を抑えておられて、その淡々としたさまが逆に感動的だった。

 

以下にこの企画のチラシをアップさせていただく。

f:id:yoshiepen:20190731154252j:plain

f:id:yoshiepen:20190731154320j:plain