yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

ネットの勝利? 美智子前皇后と秋篠宮家のボロがつぎつぎと明るみに

美智子前皇后、まさに「自愛」の人だったことに、遅まきながら気づく国民も増えて来た。手をかえ品を変えての雅子さまへのいじめがあったことが、最近の雅子皇后陛下のご活躍によって明らかになっている。

皇室資料を見れば、平成になっての「公務」と称したお出かけが飛躍的に増えているのが一目瞭然。これは以前の記事にも書いた。

www.yoshiepen.net

そのほとんどが必要なものではなく、彼女が創出した「公務」にしか過ぎない。そういう不必要な公務を増やした理由の一つが謝礼を稼ぐため、加えて毎回誂えた新しい衣装を見せびらかすため。なんと衣装代だけでも何百億円になると聞いて、呆れ返ると同時に怒りがマグマのように湧いてくる。引き連れ歩いたSPの費用を入れると、天文学的な数字になるはずである。

「美智子様の真実は平成の西太后か武則天 退位後も内廷費で税金が湯水」という「ドリンク片手にちょっとひといき」という方のブログ記事にその詳細がある。

dricho.com

私が美智子前皇后を許せない大きな理由は、こういう謝礼「公務」をされないことを言いがかりにして、雅子さまを叩いたこと。もともと浩宮さまはそういう謝礼が出る「公務」をされないのだけれど、朝日系マスコミ、「文春」、「女性なんちゃら」といった不良週刊誌が美智子(前)皇后と結託、雅子さまに集中的に理不尽な罵詈雑言を浴びせた。「恥を知れ!」と言いたい。

そしてもっと許せないのは、ご自分が増やした謝礼金付き「公務」を秋篠宮の不良債権ならぬ不良娘たちに引き継がせて来たこと。毎日のように彼女たちはコンサートやら観劇やらに出かけている。彼女たちの頭脳、感性ではおそらく理解できない内容であるにもかかわらず。呼ぶ団体も団体である。秋篠宮に絡む利権が見え隠れする。こういうのも、ネット社会になって情報が流布・流通するようになり、その本質があばかれるようになった。週刊誌のお抱え御用記者を使っても揉み消せないほど、ネット情報の方が上を行くようになったから。

内廷費とは両陛下ご一家と上皇夫妻との「生活費」に当たるもの。平成時代には天皇夫妻と皇太子ご夫妻一家との「生活費」だったのだけれど、衣装道楽の美智子前皇后がこの大半を使っていた。令和の今現在も上皇夫婦家と天皇家とで共同になっているので、前皇后が未だに多くを消費しているとみられる。何しろあの地味な洋服1着が4百万円っていうんですからね。ネット民が「皿」と呼んでいるあのヘンテコな帽子も数十万?

当時の皇太子ご一家、そして令和になってからの天皇ご一家の生活費はわずか500万円だとか。「いい加減にしろ!」と言いたい。これだと雅子さまが衣装にお金をかけられないはず。雅子さまがお洋服を着まわしておられたのは、以前の記事にいただいたコメントで知った。「週刊文春」は「雅子様の金銭感覚」というバッシング記事を出し、まるで雅子さまが贅沢三昧をしているかのように叩いた。いちばん質素な雅子様が、いちばん浪費家であるかのような印象操作していたとは許せない。

何を着ても似合われる華やかで美しい雅子さまにこそ、素敵なお洋服をいっぱい着ていただきたかった。皿様と揶揄される前皇后にではなく。また、何を着てもお里の民族衣装にしか見えない宮妃と、何を着てもバスガイドにしか見えないその娘たちにではなく。上皇夫妻と天皇ご一家との会計を別にしていただきたい。それができないのなら、それぞれがどれほど使ったのかの明細を、明らかにしてほしい。宮内庁の責任ですよ!しっかり働いてください。

そうそう、「皇嗣家の皇族費はこれまでの3倍と決められ、31年度はご一家のため約1億2千万円が支払われる」という記事を読んで、「やめて!」と叫んでしまった。これ、私たち日本国民の税金なんですよ。産経に載った「宮内庁予算の内訳」が以下。

 

もっと腹立たしいのは退位した上皇夫妻のための新住居の費用。まず仮住まいの高輪皇族邸(旧高松宮邸)の改修に5.5億円(ここすでに完成済みなのに、上皇夫妻は未だ皇居に居座っているのですが)。そして彼らの新住居となる「新仙洞御所」の改修費用が約70億円!そこには前皇后の衣装倉庫代4億円も含まれるそう。これ、全て私たちの税金です。何が「国民に寄り添う」ですか。ブラックユーモアですか。

輪をかけて呆れ返るのが秋篠宮家邸の改修費用が13億円+30億円という報道。これってひょっとして(女性宮家を想定した)娘の新住居費も入っている?上皇、秋篠宮邸の新住居で合わせて113億円。全部私たちの税金です。もっと他に使い道はあるでしょう。本当に「国民に寄り添う」なら。私たちはいつまでこんな蛭のような人たちに貪り続けられなければならないのでしょうか。政治は何もできないのでしょうか。官邸へ苦情のメールを送るという方がおられました。メールアドレスをリンクしておきます。

www.kantei.go.jp

私も送りました。

 

こういう上皇、秋篠宮家にまつわる醜聞を今まで知らなかった、あるいは私のように関心がなかった人たちが最近になってやっと事実を知り始めたのは、なんといってもネットのおかげ。私が「お世話」になったブログを挙げさせていただく。ありがとうございます。

「列外派星くず日記」

「霧の向こうのプリンス・アキシノ」

 

加えて「ガールズちゃんねる」に載っている秋篠宮関連のスレッドとコメント。