yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

『海士』 in 「京都 大阪 青嶂会」(味方玄師社中会)@京都観世会館 3月21日

今更の先月の観劇記事。やっとアップできた。

味方玄師と弟さんの味方團師のお社中会はこの2年間のあいだ、京都、東京と寄せていただいているけれど、いつもそのレベルの高さに感じ入る。また、社中会の人数の多さ!東西の(「福井青嶂会」も入る)これほど多数の方々に稽古をつけられ、レベルを維持されているのに驚嘆してしまう。この日は午前9時半開始で午後6時半に終了。ただ私は11時ごろから4時前まで見せていただいた。こういう時、京都に住んでいればと思う。

以下にこの日のプログラムをアップしておく。

f:id:yoshiepen:20190301092244j:plain

f:id:yoshiepen:20190301092312j:plain

 

もっとも感激したのは能『海士』。社中会なのでシテは社中の方。でも後の演者はすべてプロの方々。なんとも贅沢。その懐の深さに毎回感激する。上のチラシにあるように、この日の演者は以下。

シテ    中田喜久子

子方    味方慧

ワキ    有松遼一

アイ    茂山逸平

 

笛     杉市和

小鼓    吉阪一郎

大鼓    河村大

太鼓    前川光範

 

後見    味方玄  味方團

 

地謡    片山九郎右衛門 分林道治 武田邦弘 越賀隆之

      梅田嘉宏 田茂井廣道 大江広祐 河村和貴  

ね、すごい布陣でしょう?ワキ、お囃子、地謡、すべての方々が一流、トップの演者さんたち。でここまで豪華だとシテを演じられる社中の方は「見劣りする」かもと思いますよね。ところがすてきだったんです。橋掛りから登場され、一声を発せられた瞬間に、力量のある方だとわかった。「あまの刈る 藻に住む虫にあらねども 我から濡らす袂かな」というのだけれど、これは『古今集』からの本歌どりらしい(『能楽百番』574—575頁)。「志度浦の海士の見苦しいこと。そんな鄙の里で賤しい生業を続ける、私のこの身…」(「銕仙会能楽事典」より)と卑下する様が続く。シテの方は女性だけれど、なよなよとしているのではなく、シテ存在の確かさを保っておられた。声も細くなく、とはいえ野太いわけではなく、女性演者の良い部分が出ていた。

 舞も安定しておられて、品があった。もっとも良かったのは、彼女が息子の藤原房前に想いを認めた手紙を渡すところ。しみじみとした慈愛に溢れていた。シテが女性だからか、より一層切々と迫ってきた。

 セリフ部分も全く齟齬がなく、しかも女性の弱さを極力排したずっしりと重みがあっ理、そのプロ級のうまさに感嘆した。男性と張り合って行ける方だと思った。面をつけておられたので、年齢等はわからなかったけど、稽古歴も半端なく長く、また、年配の方でないのは確かだった。