yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

九月は歌舞伎座で歌舞伎を!

午前の部を千秋楽に、午後の部を前日に見ることにした。チケットは先ほど確保した。9月の「秀山祭」を見るのは本当に久しぶり。従来の「秀山祭」と違って、極めて意欲的な作品が並んでいる。とても喜ばしい。

f:id:yoshiepen:20180817012956j:plain

 

なんと福助が復帰するんです!「金閣寺」の慶寿院尼で。しかも雪姫は子息の児太郎が演じる。真柴久吉を梅玉が、狩野之介を(新)幸四郎が演じるという、なんとも豪華な布陣。涙が出そうになった。(新)橋之助、福之助と打ち揃っての成駒屋の全面的サポート。なんとか成功させて欲しい。幸四郎がここに加わっていることが、心から嬉しい。海老蔵の影形もないのがとくに嬉しい。以下に昼夜の演目一覧並びに配役をアップしておく。

祇園祭礼信仰記

一、金閣寺(きんかくじ)

 

此下東吉実は真柴久吉
雪姫
狩野之介直信
松永鬼藤太
此下家臣春川左近
同   戸田隼人
同   内海三郎
同   山下主水
腰元
腰元
十河軍平実は佐藤正清
松永大膳
慶寿院尼

梅玉
児太郎
幸四郎
坂東亀蔵
橋之助
男寅
福之助
玉太郎
梅花
歌女之丞
彌十郎
松緑
福助

萩原雪夫 作

今井豊茂 補綴

二、鬼揃紅葉狩(おにぞろいもみじがり)

 

更科の前実は戸隠山の鬼女
平維茂
侍女かえで
侍女ぬるで
侍女かつら
侍女もみじ
従者月郎吾
従者雪郎太
男山八幡の末社
男山八幡の末社

幸四郎
錦之助
高麗蔵
米吉
児太郎
宗之助
隼人
廣太郎
玉太郎 
東蔵

河竹黙阿弥 作

天衣紛上野初花

三、河内山(こうちやま)


 

河内山宗俊
松江出雲守
宮崎数馬
大橋伊織
黒沢要
腰元浪路
北村大膳
高木小左衛門
和泉屋清兵衛
後家おまき

吉右衛門
幸四郎
歌昇
種之助
隼人
米吉
吉之丞 
又五郎
歌六
魁春

 

夜の部

一、松寿操り三番叟(まつのことぶきあやつりさんばそう)

 

三番叟
後見

幸四郎
吉之丞

近松門左衛門 作

平家女護島

二、俊寛(しゅんかん)

鬼界ヶ島の場

 

 

 

俊寛僧都
海女千鳥
          丹波少将成経
平判官康頼
瀬尾太郎兼康
丹左衛門尉基康

吉右衛門
雀右衛門
菊之助
錦之助
又五郎
歌六

 

演出振り付け坂東玉三郎、花柳壽輔 

三、新作歌舞伎舞踊 幽玄(ゆうげん)

羽衣
石橋
道成寺

 

天女/白拍子花子
伯竜/獅子の精
伯竜/獅子の精
伯竜/獅子の精
伯竜/獅子の精
伯竜/獅子の精

玉三郎
歌昇
萬太郎
種之助
弘太郎
鶴松

 

8月は自分の早とちりで見ることが叶わなかった歌舞伎座公演。9、10月は東京遠征をしてでも見る予定。10月の松竹座は海老蔵が出るのでパス。猿之助はなぜ海老蔵なんかと組んだんだろう?浮世の義理?

この9月の「秀山祭」、演目と役者一覧を見る限り、非常に期待できる。吉右衛門と幸四郎に菊之助、これだけでも化学反応が起きるであろうと予想できる布陣、そこに若手の児太郎、歌昇兄弟、そして隼人、米吉を配して、実力派が勢揃いした感がある。周りを堅めるのが中堅の実力派となれば、成功は間違いないだろう。先月大きな演目を見逃した口惜しさもあるので、これには期待したい。それに応えてくれる役者陣だと思う。

玉三郎の並々ならない意欲に圧倒される。午後の部の最後の演目、「道成寺」はとくに注視したい。能との差別化をしているはずなのだけれど、どのようにそれを可能にしているのか、期待値が果てしなくアップする。能との「近似と差別化」のアマルガムを玉三郎がいかに果たしているのか。玉三郎の渾身の「作業」に立ち会えるのは、望外の喜びでもある。