yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

12月観劇予定

まず能。芸術レベルでは、京都勢が華と実力で抜きん出ていることを認識させられた。関西に住んでいることをこれほどありがたいと思ったことはない。

大津伝統芸能会館では味方玄さんの『野宮』(大津)を観る。これはとても楽しみ。また京都観世会館では味方玄さんの『善界』、林宗一郎さんの『三笑』、味方圓さんの『大江山』、青木道喜さんの『玉鬘』、片山伸吾さんの『葛城』、戸川瑞穂さんの『羽衣』、杉浦豊彦さんの『山姥』を見る予定。大江能楽堂では大江信行さんの『橋弁慶』、大江広祐さんの『三輪』を観る。近場では夙川瓦照苑で上田拓司さんの『葛城』を、湊川神能殿で吉井基晴さんの『小督』と上田拓司さんの『安達原』を観る。あと、社中会があれば寄せていただくつもりにしている。

松竹の歌舞伎は見ないと決めていた。海老蔵が役者仲間から「干されて」いるので、私の観劇も解禁。12月の歌舞伎座は一応見ることにしてはいる。松竹は相変わらず海老蔵を使いたいようだけど。大迷惑!こんな低レベルの役者が舞台に出ていることを恥だと思わない松竹。嘆かわしい。日本だけでなく世界の恥。舐めるのもいい加減にしろと言いたい。「宗家」なんてちゃんちゃらおかしい。この大根役者と連む連中はまともな役者ではない。歴史が「証明」するだろう。

国立劇場では菊之助吉右衛門の『隅田春妓女容性』を観る。菊五郎劇団の粋を集めたものになるはず。楽しみ。京都ロームシアターでは芝翫一家の襲名興行を観る。気が進まなかったのだけど、襲名興行なので。

METビューイング、ナショナルシアターライヴ等のオペラの映画版もいくつか見るつもりにしている。