yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

森川劇団『芸者の誠は浮名の横櫛』@池田呉服座7月30日千秋楽

森川劇団の千秋楽。前夜に見納めのつもりだったので、ぎりぎりまで迷った末、出かけた。キャンセルが出た席に座れたので、ラッキーだった。立ち見も出る大入り満員だったから。

「芸者の誠云々」という題の芝居は他劇団で見たことがあったけど、森川劇団のものは全く違っていた。喜劇である点のみ共通。そういえば森川劇団のお芝居はモチーフが他劇団のものと似ていても、かなり内容の細部が異なっていることが多い。ソースがどこにあるのか、気になる。関西系とは一線を画しているようなので。

芝居のタイトルはもちろん歌舞伎の「切られ与三」(本題、『与話情浮名横櫛』)から来ている。でも原型をまったく留めない「逆転の喜劇」に変えられていた。「切られ与三」のあの有名な「しがねぇ恋の情けが仇」で始まるつらねは、「劇中劇」の中で使われてはいたけど。

まず配役。

伊勢屋若旦那清次郎:順平
清次郎女房とよ:新之助
自前芸者そめか:なみ
半玉ぽん太:慶次郎
半玉?:栄伍
伊勢屋幸兵衛:煌大
大工棟梁政五郎:竜馬
大工弟子トメ:竜二

以下にざっくりとした大筋を。

大工棟梁、政五郎は隅田川の川べりで身投げしようとしていた若い女を助ける。それは大店、伊勢屋の若旦那の妻、とよだった。なんでも芸者に入れあげ帰ってこない夫の清次郎、それも女房が至らないせいだと舅に家を追い出されたのだという。ここでちょっと噛んだ竜馬さん、客席からクスクス笑いが。クサる竜馬氏。すました顔の新之助さん。この対比がオカシイ。このお二人の「掛け合い」、こういう無言のものでも、ほんわか空気感に和む。笑ってしまう。このためにだけでも森川のお芝居に行きたいと思うほど。

とよの話を聞いて義憤に燃える政五郎。ところが聞いてみれば若旦那の相手の芸者というのは妹のそめかだった!

政五郎宅。弟子のくせに弟子のトメは親方より先にさっさと帰宅している。座長、面白、おとぼけ顔のメイクで笑いを取ります。そこへそめかとその連れの半玉たちがやってくる。そめかさんは予想通りのイキな芸者姿。一方半玉二人が笑わせます。でもお二人とも結構半玉姿が似合っていたかも。半玉たちとトメとのかけあいが笑いを取るところ。半玉二人を返したそめか。迫るトメを軽くいなす。でもトメはそめかが自分に気があると自信満々。ここでも笑いを取る。

政五郎が帰宅してトメと言い合いになる。なぜ先に帰ったと叱る棟梁に対して、完全なタメ口と屁理屈で言い返すトメ。ここもオカシイ。「俺が棟梁だ」という竜馬さんに、「俺が兄貴だ」と言い返す竜二さん。竜馬さん、やりにくそうだった!普段の関係が垣間見えたかも。

妹に清次郎と別れるように説得する政五郎。そうしなければ兄妹の縁を切るとまでいう。泣きつつも、「若旦那を諦める」と誓うそめか。

政五郎はある「芝居」を思いつく。ここからがハイライト部。その芝居というのがトメをそめかの間夫に仕立て、清次郎のところに乗り込み、彼にそめかを諦めさせるというもの。その乗り込み時にトメがいうセリフがあのつらね。「特訓」する政五郎。ことごとく間違える。この行き違いが笑わせる。清次郎のところに乗り込む際の「「真っ平御免」を「きんぴら」やら「チンピラ」やらと間違えるトメ。木更津を「千葉県にあるきさらず」というなんてのは、彼の衒学ぶりが窺えて面白い。いちいち江戸言葉を現代語に「訳して」、竜馬さんを困らせる。ともあれ、このいきなセリフを覚えたトメ。棟梁は彼を連れてそめかのところに行く算段をつけた。

所変わって、芸者の座敷。清次郎が父の幸兵衛をそめかに引きあわせるべく設定したお座敷。幸兵衛は清次郎に「芸者ほど信用ならないものはないから、結婚は許さない」と厳しく言っている。そこへそめか一同が入ってくる。ぽん太が以前の幸兵衛の贔屓だったことがバレて、幸兵衛は結局は息子とそめかの結婚を許すことになる。大人ではなく子供が年寄り役をやるという設定は他劇団でも見ている。今回も弱冠12歳の煌大君が爺さんをやるのが笑わせる。ぽん太をみてデングリひっくり返るところ、あのあざとさがイイ。

ここからが棟梁に仕込まれた芸で勝負するトメの花舞台。「まっぴら」ならぬ、「きんぴら」、「ちんぴら」、「てんぷら」を連発、清次郎に「お惣菜やは隣です」と言われる始末。でもあの有名なセリフですからね、座長、身についているに決まっているわけで、つい本節が漏れちゃった。これも可笑しかった。

この芝居のおかげ(?)で清次郎は父にそめかを諦めると約束。でも女房が許してくれるか心配だという。戸口で政五郎に停められていた女房のとよが入ってくる。涙の対面?で二人揃って帰って行く。順平さんはもちろんですが、新之助さんの女房役が良かった。さりげなく、出しゃばらず、それでいて存在感があるんです。

残った棟梁、そめか、トメは清次郎の「帰宅」にホッとする。舞台上も客席もニコニコ顔で終幕。

これって、筋も『切られ与三』の本歌取りですよね。アホのトメは与三郎。真面目な棟梁は蝙蝠安、芸者そめかはお富、若旦那の清次郎は多左衛門、それぞれが向こうに透けて見えている。喜劇に変え、違った趣向で見せる。この穿ちの精神が面白い。

舞踊ショーも意気込みが感じられた。舞踊ショーの幕が閉まってもアンコールに応えて、座長は手を変え品を変えての登場の大サービス。おきまりの群舞も一つでなく三つ?盛り上がって楽しかった。

今月から森川劇団に「復帰」された新之助さん、なんと19キロも減量されたとか。すごい!くれぐれも健康を維持されますように。劇団に落ち着かれるとのことで、こちらもホッとした。

何しろ来月はお休み。ただ座長、竜馬さん、順平さんはゲストがあるとのこと。また座長のディナーショー、1日のみの嵐山瞳太郎劇団との合同公演もあるとのこと。竜馬さん、順平さんのブログ、twitterで確認くださいとのこと。

千秋楽で62枚の大入りという快挙。今年になって池田に乗った劇団の中でトップになった!