yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

2月は博多座で猿之助と巳之助を、そして平岳大さんを観る!

2月の歌舞伎公演を検索していて気づいたこと。巳之助の名が東京の公演にない!なんと九州博多座澤瀉屋の公演に参加していた。猿之助との浅からぬ絆を知って、心から嬉しい。早速一泊の予定で博多に行くことにした。航空券とホテルも予約した。

2月は大阪でも歌舞伎は花盛り。松竹座での「二月花形歌舞伎」。松也、(尾上)右近、歌昇、新悟、梅枝、壱太郎などの若手が揃い踏み。それにしても、花形役者が関西に乗るのは珍しい。これも予約するつもりにしている。本来なら、巳之助はここに入っているはずなのに。でも猿之助の誘いだから仕方がないというか、喜ばしいこと。「ワンピース」のお仲間の隼人も猿之助歌舞伎に参加していることだしね。

この博多座の歌舞伎に平幹二朗さんのご子息、平岳大さんも参加している。この名前を見て、年甲斐もなく小躍りしてしまった。リビングを踊り回ったんだから、つける薬なし。ご容赦。(あの)ヒラくんが猿之助の歌舞伎に出ているなんて!嬉しいやら懐かしいやら。しみじみ私も歳をとったんだと、ちょっと悲しい。

それにしても、例の新芝翫のご子息たち、2月は出番がないんでしょうか。まともな歌舞伎役者からは敬遠されている?敬遠といえば海老蔵も。「六本木歌舞伎」なるものに寺島しのぶと共演するらしい。歌舞伎ではない。海老蔵氏、月数千万円もアメブロ収入がおありとか。ブログでお金を稼ぐなんて、真摯に芸道に勤しんでいる役者ならありえない。ご本人のみならず、ご家族もブログやら出版やらとお忙しそう。これらの当事者たち、まるでdecencyがないですよね。加えてその内容の低脳ぶりに唖然。そんなところに、「芸」は育たない。数年も経たず結果は出るでしょう。もう、出ているか!