yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

『富くじ千両箱』劇団花吹雪(恋川心哉さんゲスト)@新開地劇場9月21日昼の部

お芝居は初めてのもの。コメディ。構成がきちりしていた。その上、笑いに無理がなかった。いかにも上方喜劇。『道中夢枕』などとの共通点を強く感じた。
内容は他愛ないもの。旅の途中、富くじで当たった千両を狙われた末、殺された商人(京誉)。行倒れたところに通りかかった旅人、弥太郎(心哉)。彼は行きがかり上、商人の遺言を聞く羽目になった。遺志というのは、その千両を彼の息子に届けるというものだった。

ところが目当ての息子(梁太郎)は金貸しに追われて夜逃げしてしまっていた。またもや息子を追跡する羽目になった旅人。その道中、例の商人を手にかけた悪い浪人者に脚を斬られる。怪我を治すのには50両が必要だった。ともに旅をかけている鳥追い女(かおり)が自分を土地の親分(春之丞)に「売って」調達してくれる。旅人とこの女は互いに反発しつつも、実は思い合っていた。

そこに弥太郎の幼馴染みの岡っ引き(京之介)が絡む筋書き。また、金貸し(英二)、料亭主人(京誉)なども絡む。伏線が幾つかあり、それが主筋にうまくリンクするように工夫されていた。

花吹雪が喜劇に強いのは夙に有名だけど、心哉さんもなかなか。負けていない。恋川純さんとタッグを組んでこられただけのことはある。で、本日はなんと主人公。京之介さんとの掛け合いも違和感がなく、まるで一座の役者みたいだった。この「はまり感」、半端でない。何度も「共演」済みだから?というのも、寿美英二大夫元に先月の共演(?)をネタに散々いじられておられたから。大夫元はこの芝居で大活躍だった。

また、愛之介さんの宿屋の女中がぶっ飛びメイクで大活躍。大柄で背が高いのので、女装すると(気持ちの悪い)迫力満点。でも何かかわいい。

舞踊ショー
Androidスマホのカメラ、近いところ以外は写真がピンボケ。記録を採るつもりで一応ショーは撮っているのだけど、公開できない酷さ。今日は心哉さんゲストということで、デジカメを持って出かけた。なので、多少写真は撮れた。ただ、第一部は曲名を控えなかった。また誤りもあると思う。どうかご容赦。

第一部
かおり 「手鎖の月」

京之介 

春之丞

心哉 
天井のゴンドラから登場。セクシー!

第三部
心哉・春之丞・京之介 「よいよい小唄」

梁太郎「羅生門

京之介  「千年の篝火」

心哉  「浜歌」

春之丞  「トリセツ」
大好きな「トリセツ」!興奮度マックス。

愛之介  「冬桜」 
個人舞踊はこの一曲のみなので、多めに。 男前ってだけでなく、爽やかな色気が匂いたつ。

京之介・心哉  「上弦の月
照明が強すぎて、全滅。

春之丞・心哉  「グロテスク」
いいですね、このコンビ。かわい・いろっぽい。

愛之介・梁太郎  「夢街道」

京之介  「極楽浄土」

春之丞  「初恋」

心哉  「Ryusei」  
まるでマイケル!躍動感あふれるダンスは心哉さんの十八番。

京誉  「神奈川水滸伝

ラスト  「桜」
素晴らしい照明。でも綺麗に撮れず。

楽しい舞台だった。全員が一丸となって、どうすれば客が喜んでくれるかを模索している。
明日は「鶴八鶴次郎」!