yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

『大阪情話』劇団HIRYU@御所羅い舞座12月14日昼の部

『大阪情話』は以前にも観ている。最初に観たときは飛龍さんがお福ちゃん。二回目は小寅丸さんがお福ちゃんだった。今回の『大阪情話』、あとの配役はほぼ同じ。でも京橋羅い舞座公演では、鹿島順一さんがいらっしゃったので、それを活かした配役になっていた。京橋バージョンは別のブログ記事にしているのでリンクしておく。

小寅丸「お福」、前よりずっとグレードアプ。彼のもち狂言だといってもいい。春之介「やっさん」との絡みも、飛龍さんとは違った持ち味で勝負。ホント、オカシイんですよね。上方出身ではないのに、お見事です。お微妙な間の取り方、ここまで上手い役者さんはいない。脱帽です。

一番の見せ場はお福が板前のやっさんに芝居を伝授する場面。すったもんだのおかしさ。台詞を書き留めて台本代わりにしようとするのだけど、いささか「とろい」やっさんには無理。その結果のすったもんだ。小寅丸さん、歌舞伎の見得の切り方を伝授しようとするのだけど、やっさんにはなかなか伝わらない。そこを、全身を(無駄に)使って、伝授しようとする。そのとき、お福は終始後ろ向きのまま。次の場で初めて前を向いて顔を観客に「曝す」という趣向。もちろん、ぶっとびおブサメイクでした!

最後の「しんみり」シーンも、さすが小寅丸!ってくらい、ぴったりでした。「おもろうて、やがて悲しき」お芝居、上方の匂いがぷんぷんして、極上の上方作品。上方出身ではない小寅丸さん。逆に上方人間ではないから、ここまで出来るのかも。いやいや、やっぱりそれは彼が天才だからでしょ。そう思わされた舞台だった。

<舞踊ショー>
第一部
大輔  「気まぐれ渡り鳥」

小寅丸  「菊一輪の骨」  

春之介  「斎太郎節」 


ラスト
北の鴎歌

第三部
群舞 「Kaguya

春之介  「惚の字の・ほ」  

小寅丸  「ふるえて眠る子守唄」
嗚呼、この色気!誰ひとり比べるべくもありません!

大和  「山河」
胸に迫る「山河」だった!

春・小寅丸  「Truth」
二人の相舞踊なんて!珍しい。

あさり    「東京砂漠」
[

大輔  「女の花言葉

大和・真央 ?

小寅丸  「Every Heart」



春之介  「恋にやぶれて」

あすか  「青春じょんがら」 

 
春之介 「昭和男唄」

この端正、好き!

ラスト