yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

『若き日のども安』近江飛龍劇団@堺東羅い舞座10月17日夜の部

このお芝居は以前に私自身のgooブログ記事にし、背景、あらすじを載せてているので、リンクしておく

配役はこの記事の通り。でもより過激になっていたのが小寅丸さんの赤鬼親分。ものすごいメイクで大奮闘。黒駒勝蔵役の三之介さんとの絡みがオモシロイ。二人の両雄の絡み、見応えがあった。三之介さんに「請われて」オペラまで歌う小寅丸さん。サービス満点。終わり近くで登場する勝蔵役の春之介さん、いいところをぜんぶもっていってしまった。さすが次期座長、決めポーズがすべて決まっていた。あまりに決まっていたので、なんとな「くすっ」ってなっちゃったんですけどね(スミマセン)。

大和さんがずいぶんと腕をあげられていた。役作りに真剣に取り組むようになった成果がはっきり出ているのでしょうね。うれしい。

前に観た折はここまでひどくはなかったように思うのだが、赤鬼役の小寅丸さんとお嬢さん役の美佳さんとの絡みが長過ぎた(かなりの時間超過)。美佳さん、度の過ぎた「小寅丸さん苛め」にみえて、イヤだった。かわす小寅丸さん、さすがでした。でも気の毒。ここまで粘着的だと引く観客もいると思う。少なくとも私は完全に白けてしまった。

座長夫人の度を過ぎた苛め、パワハラ、問題です。座長夫人、喋り方、その内容ともに品が悪い。役どころの「お嬢さん」には到底見えない。その上、このしつこさ。芸のなさをしつこさでカバーしている感じ。この劇団では「通用」しているのかもしれないけど、かなり問題。監督できない座長はもっと問題。それをよしとするファンはさらに問題。

12月から春之介/小寅丸座長の二頭立て体制。二人を中心にした新しい劇団ポスターも出来上がっていた。それに対する、嫌がらせとしか見えない。品性が卑しい。

<舞踊ショー>
曲名に間違いあれば、ご容赦。

大輔  「赤と黒のブルース」?

小寅丸 「?」

春之介 「おけさ渡り鳥」

小寅丸 「Episode.0」

春之介 「花結び」

飛龍  「居酒屋 はないちもんめ」

あさり
お顔も姿もともに美しいあさりさん(「美人+演技派」では春陽座の澤村かなさんと双璧)。この儚げな感じがステキ。演技派でもある彼女、最近は子分役ばかり。彼女を活かせていないのが残念。

大輔  「あいそづかし」

大和  「?」

飛龍 歌 「愛燦々と」

春之介  「シンデレラハネムーン」



三之助  「竹」

飛龍  「男と女の子守唄」