yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

『利根の朝霧』たつみ演劇BOX@新開地劇場9月10日夜の部

<お芝居>
この日の芝居は笹川繁蔵と飯岡助五郎の抗争を描いたもの。大利根河原の決闘としても有名。大衆演劇の定番。今回の芝居には平手造酒が絡む。虚実ないまぜになった話で、いかに自分たち流に創作するかが、各劇団の腕のみせどころ。劇団によっては平手造酒にのみスポットライトをあてて、話を再構成するところもある。私はこちらの方が好みで、このような抗争そのものに重点を置く芝居は苦手。これに人情悲劇の要素が入っていて、というか常套の「我慢に我慢を重ねた末、ついに堪忍袋の緒が切れて」という筋の持って行き方に馴染めない。安っぽい悲劇になってしまうように思える。

ともあれ、今回はゲストの恋川純弥さんが平手造酒、つまり主役を張った。もう一人のゲストの葵好太郎さんは笹川の一の子分、勢力富五郎役。笹川繁蔵をたつみさん。繁蔵のもう一人の子分をダイヤさん。飯岡助五郎を宝良典さん。いままでにたつみ演劇BOXでは観ていない芝居だと思ったら、たつみさんが口上で「久しぶりの芝居」とおっしゃっていた。

恋川純弥さんの平手造酒がよかった。彼が造酒をするのをみるのはこれでたしか三回目。前の二回は彼が恋川劇団で座長をしていたとき。さすがに役の描き方に説得力があった。ずいぶんと減量され、胸の病に苦しむ造酒にぴったりだった。純弥さんにはハンパないオーラがあると、改めて強く感じた。それとお人柄の清潔さ。彼が新開地に乗るのを、ファンが待ちこがれる気持ちが理解できた。

<舞踊ショー>
控えたもののみ。間違いあればご容赦。

第一部
たつみ 立ち 「夢見酒」

ダイヤ 立ち+群舞 「唐獅子牡丹」

第三部

ダイヤ 女形 「ひとり酒場で」、「茶番劇」

瞳太郎  女形  「京おんな」

純弥  女形  「悲しい酒」

たつみ  女形 「酒供養」

たつみ(立ち)+好太郎(立ち)「夜霧のブルース」

ダイヤ(女形)+純弥(立ち) 「湯の花KOUTA」

たつみ  立ち  「冬牡丹」

好太郎  女形 「花 染められて」

純弥 立ち  「ピエロ」
黒のフリル付きの斬新な衣装で。ステキ度がマックスでした!

ダイヤ 立ち  「酒の川」

京香 「鶴八鶴二郎」

ラスト 「乱の舟歌」?