yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

5月東京での歌舞伎観劇の総括

日程は以下だった。

18日(月) 
明治座 昼の部
『矢の根』
『男の花道』

明治座 夜の部
『あんまと泥棒』
『鯉つかみ』

19日(火)
歌舞伎座 昼の部
『摂州合邦辻』
天一坊大岡政談』

4月末まで遠征を迷っていたので、明治座のチケットは出遅れてしまった。歌舞伎会のサイトでは、どうしても観たかった『あんまと泥棒』の入った夜の部は売り切れだったので、結局オケピで譲っていただいた。週末を除くとこの日しかなかった。昼の部、夜の部の日程に合わせようとしたら、こちらも売り切れ。明治座のサイトに入ってやっと確保できた。やっぱり「直接」が有利なんですね。しかも二階二等席(一等席の半額)なのに、舞台が近くてコスパ最高。『男の花道』は一階一等席より、こちらの方が良かった。ご覧になられた方はお判りと思う。

明治座の日程に合わせ、翌日に歌舞伎座の昼の部を取った。出遅れたため、先行販売の特典もなく、普通の席、三階三列目。でも結果的にはこれで良かった。お隣に座られた方からおもしろいお話を聞けたから。

この「ついでに」観た歌舞伎座の『合邦』が最高に良かった!菊之助、際立った美形にもかかわらず地味な感じが否めず、最近の若手の勢いに比べると「元気がない」なんて思っていたけど、とんでもない。今回の玉手御前、きっと歌舞伎史に残るだろう。何度も唸りながら観ていた。「音羽屋」というかけ声がかかるのが控え目だったのは、大向こうさんたちも感激のあまり、機を逸したのだろう。ことばがなかったに違いない。

明治座では『男の花道』が良かった。明治座観劇の目的だった『あんまと泥棒』より、感銘を受けた。さすが猿之助

明治座歌舞伎座ともにそれ以外の演目も期待値をクリアしていたので、十分に遠征した甲斐があった。惜しむらくは歌舞伎座の夜の部、『め組の喧嘩』を見逃したこと。『鯉つかみ』より見応えがあったのでは。若手のオンパレードですものね。巳之助、歌昇、(尾上)右近、隼人、種之助といった「浅草花形歌舞伎」のメンバーが打ち揃っているんですから。あーぁ、残念!