yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

2018-03-20から1日間の記事一覧

菊之助の新三が匂い立つ『梅雨小袖昔八丈』(髪結新三)@国立劇場3月19日

河竹黙阿弥作。五代目菊五郎が新三を演じたのが最初。だからキャッチフレーズ「江戸歌舞伎“四代にわたる芸の継承”」が効いてくる。国立劇場サイトに掲載されている写真は以下。 それにしても今までに見てきた新三の中で、もっとも姿形の良い新三だった。悪党…

味方玄師の謡と斉藤由織氏のコラボ「謡と朗読で聴く平家物語」夜の部@清澄庭園 大正記念館

東京にやってきたメインな目的が味方玄師の謡を聴くことだった。『平家物語』に多くを採った能楽。その中から「俊寛」と「屋島」を取り上げていた。まず、斉藤由織さんによる平家の原文とその現代語訳の朗読。そして味方玄師の謡が続く。交互にこれが繰り返…