yoshiepen’s journal

さまざまな領野が摩擦しあい、融合し、発展するこの今のこの革命的な波に身を任せ、純な目と心をもって、わくわくしながら毎日を生きていたいと願っています。

山崎正和名誉教授文化勲章受賞記念フォーラム@大阪大学会館講堂@6月8日

山崎氏の著作を見ると、「やわらかい」という語の付いたものがいくつかあるのだけれど、山崎氏の思考を表現するのにもっとも適した言葉ではないだろうか。柔軟なフットワークの良さ。学者然としていないゆえの親しみやすさ。それはこの日の二人の応援講演の…

吉田篤史師シテの能『鵜飼』in 「京都観世会六月例会」@京都観世会館6月23日

この日の公演は能3本、狂言1本という過密なものだった。11時に始まり、終わったのが5時前。例会は大抵このスケジュールで、演者の方々は疲労困憊されていることと思う。実力と華で日本一の能楽師の方々を擁する京都観世会。彼らの充実した舞台を見せていた…

河村晴久師=深草少将と味方團師=小町の息詰まるドラマ in 「京都観世会六月例会」@京都観世会館6月23日

この日の演者一覧は以下。 シテ(深草少将の怨霊)河村晴久 ツレ(里女・小町) 味方團 ワキ(旅僧) 江崎正左衛門 笛 左鴻康弘 小鼓 吉阪一郎 大鼓 河村大 後見 杉浦豊彦 吉浪壽晃 地謡 樹下千慧 大江広祐 深野貴彦 田茂井廣道 片山伸吾 河村博重 河村和重 …

浅見真州師シテの能『隅田川』の完成度の高さin「京都観世会六月例会」@京都観世会館6月23日

録画で見たパリ公演の浅見真州師シテ『砧』も素晴らしかったけれど、この『隅田川』も感動のあまり、我を忘れてしまうほどだった。完成度の高さでは類を見ないと思う。 それでいて、「どうだ!」という自己顕示欲を感じない。役に深く入り込み、同一化してい…

能『熊坂』と『朝長』、さらに『烏帽子折』の舞台となった美濃の青墓と赤坂

先日、大盗賊、熊坂長範が牛若丸に討たれるという内容の能『熊坂』を見たのだけれど、その舞台が美濃国赤坂宿であり、能『朝長』の舞台となった美濃国青墓とは非常に近く、車だと6、7分であることを知った。ソースは『日本芸能史2 古代—中世』(法政大学出…

橋本擴三郎師シテの能『熊坂 替之型』in 「井上定期能 六月公演」@京都観世会館6月15日

一昨年のちょうど6月にも橋本擴三郎師シテの能を見て記事にしている。 演目は『邯鄲』だった。 www.yoshiepen.net その舞台も良かったけれど、この日の『熊坂』も良かった。演者一覧は以下。 シテ(赤坂宿の僧・熊坂長範の霊)橋本擴三郎 ワキ(旅の僧) 岡…

プーランク《カルメル会修道女の対話》 in 「METライブビューイング2018-2019シーズン」@大阪シティステーションシティシネマ 6月10日

「2018-2019シーズン」の最終作品。さすがに見応えがあった。というか、ありすぎて、終わってからも座席をしばらく立てなかった。他の観客の方々も同じ思いだったようである。終幕にかけては涙が止まらなかった。横の方も泣いておられた。ネットのサイトがあ…

初代尾上辰之助が傑出していた「山崎街道鉄砲渡しの場」(『假名手本忠臣蔵』昭和61年10月於国立劇場)in「公演記録鑑賞会」@国立文楽劇場小ホール

ほんの数分の出番だったのに、圧倒的な存在感だった尾上辰之助の斧定九郎。歌舞伎での彼を見るのは初めてだったので、これは衝撃だった。白塗りのいわゆる色悪の化粧に黒い着物。いかにも「ワル」という感じ。凄みが際立っていた。 演技という演技はなく、た…

羽生結弦選手の純な魂が光として放射していた現場「ファンタジー・オン・アイス 2019 幕張」@幕張メッセ 5月27日

最初の手を広げてしゃがんだポース。仏像のよう。美しい面差しに美しい身体。そしてそれを愛でるかのようなガラス玉の散りばめられた白いオーガンジーの上着。煌びやかなのに清楚。まさに羽生結弦という人そのもの。今までの衣装の中で最も羽生結弦という人…

マタ・ハリを演じたツィガンコーワの演技の繊細に打たれた 「オランダ国立バレエ団」の『マタ・ハリ』NHKプレミアムシアター 2019年5月20日(月)【5月19日(日)深夜】

以下がプロダクション。 ■演目:バレエ『マタ・ハリ』(全2幕) ■音楽:タリク・オリーガン ■振付:テッド・ブランセン ■出演: マタ・ハリ/マルガレータ:アンナ・ツィガンコーワ ルドルフ・マクラウド(マタ・ハリの夫):ケーシー・ハード キーペルト中…

絶句ものだった片山九郎右衛門師の舞囃子「邯鄲」in 「大倉流祖先祭」@大槻能楽堂 6月4日

舞台を縦横無尽に舞い回る動きが多く、力強くダイナミックな舞台だった。しかも、そのモーション一つ一つが勁かった。私の位置からは九郎右衛門師のつま先を上げた白足袋の裏が冴え冴えとよく見えた。すすっと前に出て、さっと回転、またすすっと進まれる。…

味方玄師の舞囃子「自然居士」in 「大倉流祖先祭 大槻能楽堂に感謝を込めて」@大槻能楽堂 6月4日

この会は、能の小鼓方、人間国宝の大倉源次郎師のお社中会、つまりお弟子さん方の発表会。とはいうものの、京都、大阪のトップ能楽師の方々が謡、仕舞、舞囃子、でお弟子さんたちをサポートされる。また、源次郎師も終始お弟子さんの背後に付いておられた。…

表現者・芸術家 羽生結弦の作品「マスカレード Masquerade」in 「ファンタジー・オン・アイス2019 幕張」@幕張メッセ 5月27日

『オペラ座の怪人』の続編としての「マスカレード」 物語に仮託した意思 西洋を纏った「日本」の表現者 衣装が呼び覚ます連想 芸術家としての羽生結弦 『オペラ座の怪人』の続編としての「マスカレード」 「『オペラ座の怪人』の続編として、より進化したも…

梅田嘉宏師シテの能『賀茂』in「京都観世会五月@京都観世会館 5月26日

若々しいシテとシテツレで下鴨神社所縁の『賀茂』を 演者一覧 作品解説及び構成 御手洗川に流れてきた矢の由来 末社の神(アイ)の三段ノ舞 天女舞 後シテの五穀豊饒を祝福する「舞働」 舞のオンパレード 観客の多さがうれしい 若々しいシテとシテツレで下鴨…

橋本雅夫師シテの能『藤戸 蹉跎之伝』in「京都観世会五月例会」@京都観世会館 5 月26日

作者は元雅? 『藤戸』解説 演者一覧 シテの橋本雅夫師 お囃子方 『藤戸』の魅力 作者は元雅? 能『藤戸』は、その一見理不尽なストーリー展開で、屹立しているように感じる。作風から世阿弥の息子、元雅の可能性が高いという。納得である。親子間の悲劇を描…

「野崎村」(@歌舞伎座四月公演)がNHKのBS放送にかかっていた

今年の四月歌舞伎座公演は、猿之助の「黒塚」と巳之助、児太郎、壱太郎、それに澤瀉屋主要面々がうち揃った「平成代名残絵巻」以外は、まったく食指が動かなかった。残りは大御所・幹部の出番の多い演目。これじゃ高い遠征費を使って東京まで出かける気にも…

ハコビが美しかった林宗一郎師の『吉野天人』in 「糺能」@下鴨神社5月20 日

『吉野天人」はどんな能? 大和猿楽由来の糺能を下鴨神社で 『吉野天人』での演者たち 『吉野天人」はどんな能? 「吉野天人」、仕舞としては何度となく見ている。つい先日4月には、「林喜右衛門 三回忌追善 林松響会 春の大会」での、舞囃子「吉野天人 天人…

厳かだった「奉祝御大礼 糺能」@下鴨神社 5月20日

厳かではあったけれど、どこかゆったりしていた「糺能」。初めての参加だったが、来てよかった。清新な令和の御代にふさわしい、清々しい出しものだった。平安神宮の薪能のような、関係要人の挨拶がないのもよかった。途中雨がかなりきつくなってはきたけれ…

林宗一郎師の番外仕舞「隅田川」in 「青嵐会」(河村晴道師社中会)@京都観世会館 5月18日

河村晴道師の社中会での林宗一郎師の仕舞「隅田川」が胸に堪えた。手を顔にかざしてのシオリの所作がとくに心に響いた。嘆きだけではなく、祈りも加味されていて、しみじみと悲しかった。その詞章部分が以下である。 我もまた、いざ言問はん都鳥、いざ言問は…

ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』in 「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2018/2019」@TOHOシネマズ西宮 5月17日

『Culture Whisper』での劇評によると、主役Kitriを演じていたNatalia Osipovaが最初の幕で跳躍の際に怪我をしてしまい、急遽高田茜が代役となったという。今季の『ドン・キホーテ』は二つプロダクションがあったようで、そこではMarianela NuñezがKitri役だ…

6月観劇予定

来月、観劇はできるだけミニマムにするつもりにしている。ロンドンとDCでの学会発表を8月、10 月に考えているから。もっとも、まだプロポーザルも提出していないので、どちらか、あるいはどちらも実行しない可能性はあるのではあるんですけどね。 能関連では…

時代を先どりしている?——ケレン味溢れる姫猿之助座長率いる「劇団あやめ」の舞踊ショー@三和劇場 5月13日昼の部

「劇団あやめ」を率いる姫猿之助座長は、あえて「ケレン」を主軸に据えている。それが他の旅芝居劇団とは一線を画するところ。もちろん他劇団もちらっとはやってみせるのだけれど、あくまでもそれは「脱線」としてである。 その点、姫猿之助座長は確信犯とも…

爽やかで初々しかっただった大江広祐師シテの『芦刈』 in「大江定期能」5月6日

当日の朝、宅急便が午前中に届く予定だったので、間に合うように家を出ることができなかった。到着したのは開始40分後。以前に舞囃子で何回か見ていた「笠之段」部は見逃してしまった。それでも、見応えが十分すぎるくらいあった。特にシテを演じられた大江…

浅見真州師の仕舞「花筐 in 「耕三の会」@大槻能楽堂 5月4日

楽しみにしていた浅見真州師の「花筐」。予想通りというか、それ以上に見応えがあった。能『花筐』のクルイ部の仕舞。以下が演者。 シテ 浅見真州 地謡 浅見慈一 上野雄介 小島英明 小早川泰輝 片山九郎右衛門師の仕舞でも一昨年に拝見している。こちらも素…

観世寿夫師が透けて見えた浅見真州師の能『砧』@パリ市「シテ・ド・ラ・ミュージック」2019年2月8日 NHK eテレ2019年4月27日放映

浅見真州師のシテの哀しみが切々と迫ってきた。自然と涙が溢れた。世阿弥作だという。さすがの詞、そして構成である。 以下、NHKのサイトから。 パリで行われた能楽公演から、世阿弥の屈指の名作、能「砧(きぬた)」(観世流)をお送りする。出演:浅見真州…

美智子(前)皇后が創出した「公務」は果たして必要なものか?「国民に寄り添う」の欺瞞

「HUFFPOST」に、天皇の公務についての詳しい記述があったので引用する。曰く、「”ご公務の負担軽減”は実現される?令和時代、新天皇御一家と皇嗣御一家のご負担はさらに増える予想も」。いかにも多い公務が前提条件のような書き方に疑問を持ってしまった。 …

橋本光史師シテの能『船橋』in 「京都観世会四月例会」@京都観世会館4月28日

京都観世会の例会は能が三本入っている。この日は『歌占』、『熊野』、そしてこの『船橋』だった。『船橋』が強く印象に残ったのは、これが初見だったことと、演者が(おそらく)三人の内、もっともお若く勢いがあったからだろう。 以下が演者一覧。 シテ(…

林宗一郎師の能『善知鳥(うとう)』in「林定期能」@京都観世会館 4月27日

救いのない業の深さを描いてみごとだった。祈りも鎮魂の念も猟師を救うことはできない。この絶望感。 見終わったあと、常なら舞い終わったシテの姿にほっとし、緊張が解けるところであるけれど、そうはならなかった。うちに籠められたエネルギーが放出されず…

文楽『通し狂言 仮名手本忠臣蔵』(大序より四段目まで)@国立文楽劇場 4月22日昼の部

公演チラシ 「謎」が解けた 呂勢太夫の語りと清治の三味線 咲太夫の語りと燕三の三味線 人形遣い手の充実 公演チラシの演者一覧とあらすじ 公演チラシ 公演チラシをアップしておく。 「謎」が解けた 『仮名手本忠臣蔵』、このように「大序」からの通しで見る…

親子連れ舞いが素敵だった舞囃子「吉野天人」in 「林喜右衛門三回忌追善 林松響会 春の大会」@京都観世会館 4月14日

林宗一郎師のお社中会。一昨年8月に亡くなられたお父上の追善公演でもある。正規の追善公演は、7月6日に京都観世会館で催されるとのこと。 当社中会は、お弟子さんたちのレベルが高かったのが印象的。でもなんといっても宗一郎師とお嬢さんお二人——彩子さん…